お問合せのページへ サイトマップのページへ リンク集へ
登米市立登米市民病院 郵便番号987-0511宮城県登米市迫町佐沼下田中25 TEL/FAX 0220-22-5511
文字サイズ 文字サイズ大 文字サイズ標準 文字サイズ小
お問合せ、サイトマップ、リンク集ヘのリンク
トップページへ 外来診療を受ける方へ 入院診療を受ける方へ 病院概要へ 職員募集へ 病院までの行き方へ
トップページ>血管の病気Q&A  |一つ前のページへ戻る| 
血管の病気Q&A

急性動脈閉塞症Q&A

急性動脈閉塞症とは

四肢(腕や脚)の血管が、急に閉塞し、血液が流れなくなる状態を言います。不整脈などにより心臓に出来た血栓(血の塊)がとんで(流れてきて)血管を詰めてしまう場合(これを塞栓症、といいます)と、動脈硬化などで狭くなっていた血管で血液が固まってしまって流れなくなる場合(血栓症、といいます。閉塞性動脈硬化症の急性増悪、ともいいます。)がありますが、ここでは、四肢の、”塞栓症”について説明します。

どういう原因で起きるの?

心房細動、と言われる不整脈や、心臓の弁の病気(弁膜症)があると、心臓の中に血栓ができやすくなります。その血栓の全部、または一部が血流に乗って上下肢、頭、腸などの血管に至り、そこを詰めてしまいます。詰まった場所が、頭であれば脳梗塞、腸であれば腸間膜動脈閉塞症、となりますが、四肢の場合、詰まった血管の先にある部分は急激に血液が流れなくなることで、放っておくと、壊死を起こしてしまいます。

どんな症状があるの?

ある日、突然に、腕や脚が、急に(何時何分、あるいは、たとえば何をしていたときに、など、はっきりと起こった時を覚えていることが多くあります)強く、痛みます。冷え、しびれなどで発症することも多くあります。血管が詰まった先の手や脚は黒紫色や蒼白となり、触ると冷たくなっているのがわかります。

病気が進むとどうなるの?

治療を受けずに放置しておくと、しびれや痛みは強くなり、さらに時間が経つと、感覚がなくなってきたり、うまく動かせなくなってきます。それでも治療を受けないでいると、組織の壊死が起こって黒くなってきます。こうなると治療するのが難しくなってしまいます。

どんなふうに対処したらいいの?

この病気を疑う症状があったら、すぐに病院に相談してください。個人でできる対処法はありません。治療を受けるまでの時間をできるだけ早くすることで、治療の効果を上げることができます。たとえ夜中や休日でも、当院や、救急を受け付けている病院に相談するのがいちばんです。

どういうふうに治療するの?

この病気を疑った場合は、診察のあと、可能であれば、超音波検査や、CT検査を行い、どの血管がどのように詰まっているかの評価した上で、治療方針を決定します。”塞栓症”による急性動脈閉塞症の診断がつくと、当院では、血管を詰めている塞栓を、カテーテルを用いて除去する手術を行います。塞栓が除去されると、血流は元通りになり、痛みなどの症状は良くなります。数日から1週間程度の入院で退院となり、その後は原因となった不整脈や心臓の血栓の治療を内科などで継続して受けていただくことになります。

発症してから時間が経ってしまった場合はどうなるの?

閉塞した上下肢の皮膚の感覚がなくなっていたり、手足がうまく動かせなくなったりしている場合、あるいは組織が壊死を起こしている場合など、発症から時間が経ってしまっている場合は、残念ながら、切断をしなければならない場合もあります。不幸な状態を避けるためにも、できるだけ早い医療機関の受診が必要です。

手術のあとはどういう治療を受けるの?

この病気の特徴は、手術をする手足の血管が原因で起こる病気ではない、というところです。原因は、心房細動や弁膜症とそれが原因でできる心臓の血栓がほとんどですので、元になったそれらの病気の治療を受けることが絶対に必要です。また、脳梗塞や腸間膜動脈血栓症、四肢動脈急性閉塞症などの病気を予防する上でも、これらの治療をきちんと受けていることが必須となります。内科、循環器内科で、継続して治療を受けていただくことになります。

このページのトップへ戻る
アクセシビリティについて |