ホーム > 市政情報 > 移住・定住 > シティプロモーション > 「おかえりモネ」関連情報 > カンタン楽しい!親子木工教室~魔法の材料「組手什(くでじゅう)」で棚を作ろう~の開催について

更新日:2023年10月16日

ここから本文です。

カンタン楽しい!親子木工教室~魔法の材料「組手什(くでじゅう)」で棚を作ろう~の開催について

本市が舞台の1つとなり、昨年放送されたNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」で話題になった「組手什」。

組手什は杉の間伐材を用いた組立家具のパーツです。アイデア次第で自由に何でもつくる事ができます。

この特徴が活かされ、組手什は東日本大震災の際に避難所でのプライバシーを確保するための間仕切りや仮設図書館などで大活躍しました。

このイベントでは森とわたしたちの生活の関係を学びながら、皆さんで組手什の「棚」を組み立てます。

組み立てた棚は、2基お持ち帰りいただきます。

講師は、NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」で林業考証を担当した登米町森林組合(外部サイトへリンク)竹中雅治さんです。

組手什や登米市の森林・林業のお話をお聞きいただき、皆さんと一緒に組手什を組み立てていただきます。

作業はカンタンだけど、大人のほうが真剣になってしまいます。

お子さんに、大人の真剣な姿を見せて、思い出にしませんか。

チラシ(PDF:1,069KB)

参加無料

事前予約制(先着30組)

20220711_1

20220711_2

 

日時

令和5年11月12日(日曜日)

9時30分~11時(受付:9時~)

会場

長沼ボート場クラブハウス(登米市迫町北方字天形114-2)

スケジュール

9時~9時30分

受付

9時30分

開会

9時40分~10時

おはなし(竹中さん)

10時~10時50分

組手什器を組み立てよう!

10時50分~11時

記念撮影、閉会

注意事項

・今回組み立てる組手什のサイズは、高さ35cm×幅55cm×奥行20cmです。

・参加は、同居する家族2~3名/1組、お子様の参加は小学生以上となります。

・組み立てた組手什の棚は2基お持ち帰りいただきます。(発送やお預かりはできません)

申込・問い合わせ

登米市まちづくり推進部観光シティプロモーション課まで、「組手什親子木工教室参加希望」と明記し、

「参加者の1.名前、2.(参加するお子様の)年齢、3.住所、4.電話番号」をメールまたは電話、FAXにてお申込みください。

メール:kanko-pro@city.tome.miyagi.jp電話:0220-23-7331FAX:0220-22-9164

 

お問い合わせ

登米市まちづくり推進部観光シティプロモーション課

〒987-0511 登米市迫町佐沼字中江二丁目6番地1

電話番号:0220-23-7331

ファクス番号:0220-22-9164

メールアドレス:kanko-pro@city.tome.miyagi.jp

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

サイト内検索

便利情報

ページの先頭へ