ホーム > くらしの情報 > 子育て・教育 > 学校教育 > 米谷小学校5年生が登米市の伝統野菜を勉強しています

更新日:2020年5月27日

ここから本文です。

米谷小学校5年生が登米市の伝統野菜を勉強しています

登米市立米谷小学校では、5年生の総合学習として、市の伝統野菜の学習を行っています。

平成29年5月19日(金曜日)は、登米市ブランド戦略室の職員から、平成25~26年度に実施した伝統野菜復活プロジェクトと市内の伝統野菜についての説明を聞いたり、実際に伝統野菜の観音寺セリに触れながら理解を深めました。

また、平成29年5月23日(火曜日)には、登米市東和町の木漏れ日農園で、若手農家の鎌田大地氏から伝統野菜の大切さや継承していく難しさなどを実際の野菜や種を見たり触ったりしながら学習しました。

生徒達からは「普通の野菜と伝統野菜の違いは何ですか?」といった質問や「実際に育ててみたい。」などといった感想が寄せられました。

これから生徒達は、昨年の5年生から受け継いだ種や鎌田氏からいただいた種を使って学校で伝統野菜の栽培などにも取り組むそうです。

※登米市伝統野菜復活プロジェクトはこちら

https://www.city.tome.miyagi.jp/business/shisejoho/noringyo/nogyo/project.html

【授業の様子】

20170531_1

20170531_2

20170531_3

20170531_4

お問い合わせ

登米市産業経済部地域ビジネス支援課

〒987-0602 登米市中田町上沼字西桜場18番地

電話番号:0220-34-2706

ファクス番号:0220-34-2802

メールアドレス:chiikibusiness@city.tome.miyagi.jp

サイト内検索

便利情報

ページの先頭へ