ホーム > 市政情報 > 地域情報 > 米川の水かぶり

更新日:2018年11月29日

ここから本文です。

米川の水かぶり

2019年米川の水かぶりチラシ    水かぶりチラシ裏

2019年「米川の水かぶり」開催のチラシ(PDF:744KB)

「米川の水かぶり」とは

800年以上の歴史と伝統を誇る火伏せ行事「米川の水かぶり」は、毎年2月の初午の日に東和町米川地区で開催されます。
この祭りには、厄年を迎えた人を中心に、東和町米川五日町地区の男性が参加。
かまどのすすを顔に塗り、わらで作った水かぶり装束を身にまとい、大慈寺境内にある秋葉大権現に火伏せを祈願します。
お神酒を頂いて神の使いとなった一行は、奇声をあげて各家庭の屋根に向かってバケツやおけの水をかけながら町を練り歩きます。
わらは火難除けのお守りとされているため、地域の人たちはまとった装束からわらを抜きとり、家の屋根に投げ上げます。
ユネスコ無形文化遺産「来訪神:仮面・仮装の神々」の来訪神行事であり、国の重要無形民俗文化財にも指定されているこの祭りには、地域の人はもちろん、毎年多くの観光客が訪れています。

2019年「米川の水かぶり」が2月2日(土曜日)に開催

主催:米川の水かぶり保存会・五日町町内会
後援:登米市・登米市教育委員会・米川地域振興会

※米川地域振興会のホームページ(外部サイトへリンク)

日時

2019年2月2日(土曜日)9時30分から11時30分ごろ(本隊出走10時30分から)

催事会場

大慈寺山門広場(宮城県登米市東和町米川字町下56番地)

※登米市内の伝統芸能の披露、豚汁の振る舞い、ふるさと美味しいもの市、火伏せのお守りや水かぶり特性グッズの販売、俳句・写真の展示などを予定

アクセス

 会場アクセス

駐車場

・催事会場付近に無料駐車場を準備しますが、混雑が予想されます。

・開催日の10時20分から11時30分まで会場周辺で交通規制を行います。

・「登米市役所迫庁舎~東和総合支所(道の駅林林館となり)~大慈寺」の区間を、無料シャトルバスが運行する予定です。詳しい時間などは、東和総合支所(電話番号:0220-53-4111)までお問い合わせください。

登米市役所迫庁舎 宮城県登米市迫町佐沼字中江二丁目6番地1
東和総合支所 宮城県登米市東和町米川字六反55番地1
大慈寺(催事会場) 宮城県登米市東和町米川字町下56番地

問い合わせ

登米市東和総合支所市民課
〒987-0901 登米市東和町米川字六反55番地1
電話番号:0220-53-4111
ファクス番号:0220-53-4100
メールアドレス:towa-simin@city.tome.miyagi.jp

「来訪神:仮面・仮装の神々」がユネスコ無形文化遺産に登録

ユネスコ無形文化遺産登録    ユネスコ登録チラシ裏

本市の「米川の水かぶり」など、全国10行事・11自治体によりユネスコ無形文化遺産代表一覧表への記載(ユネスコ無形文化遺産登録)に向けて提案し、2018年10月24日付けで評価機関から「記載が適当」と勧告が提出された「来訪神:仮面・仮装の神々」について、2018年11月29日に無形文化遺産保護条約政府間委員会において「記載」と決定されましたのでお知らせします。

2018年「米川の水かぶり」写真ギャラリー

国指定重要無形民俗文化財の「米川の水かぶり」は2018年2月7日、東和町米川地内で開かれ、すすを顔に塗り付け、わら装束を身に着けた男衆が、家々の屋根に水をかけながら地区を練り歩きました。

水かぶり1

水かぶり2

水かぶり3

水かぶり4

水かぶり5

水かぶり6

水かぶり7

水かぶり8

水かぶり9

水かぶり10

水かぶり11

水かぶり12

水かぶり13

水かぶり14

水かぶり15

水かぶり16

水かぶり17

水かぶり18

水かぶり19

水かぶり20

水かぶり21

水かぶり22

水かぶり24

水かぶり25

 

問い合わせ

登米市教育委員会教育部文化財文化振興室
〒987-0602 登米市中田町上沼字西桜場18
電話番号:0220-34-2311
ファクス番号:0220-34-2504
メールアドレス:bunkazai@city.tome.miyagi.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

サイト内検索

便利情報

ページの先頭へ