本文へジャンプします。

  • foreign language
  • モバイルとめ
  • サイトマップ
文字サイズ
拡大
標準
縮小

  • トップページ
  • 市の紹介
  • 市のデータ
  • くらしのガイド
  • 観光・物産情報
  • 行政情報
トップ > 行政情報 > 市の取り組み > 登米市集会施設整備事業補助金

ここから本文です。

更新日:平成28年6月8日

登米市集会施設整備事業補助金

集会施設は、地域住民のコミュニティ活動や自主防災組織の活動拠点及び災害時の地域避難所として、地域活動の中心となる公益性が高い施設であります。

既存の集会施設については老朽化の進行が多くみられる状況から、集会施設の建設等に関する補助金を交付し、市民の更なる負担軽減を図り、集会施設の環境整備を促進します。

対象事業

  • 建設事業:集会施設の建設及び購入(本体工事費本体購入費)
  • 改修事業:集会施設の修繕、模様替え、増築(バリアフリー化を含む)

対象経費・交付額算定方法・限度額・補助制限

事業メニュー表

補助対象事業

補助対象経費

交付額算定方法

補助率

限度額

補助制限

建設事業

【新築】

建設に係る本体工事費及び附帯工事費

1平方メートル当り標準建築費12万7千円に延べ床面積を乗じた額と実際の建築事業費のうちいずれか低い額

2分の1以内

1,000万円

建設補助金の交付を受けた翌年度から25年間は対象外(ただし、天災等により使用困難な場合は除く。)

【購入】

購入費及び附帯工事費

1平方メートル当り標準建築費12万7千円に残存価値率を乗じた単価に延べ床面積を乗じた額と実際の購入費のうちいずれか低い額

 

補助対象事業

補助対象経費

補助率

限度額

補助制限

改修事業

 

【修繕】

【模様替え】

【増築】

(バリアフリー化を含む)

2分の1以内

250万円

建設(購入の場合を除く)及び改修補助金の交付を受けた翌年度から10年間は対象外とする。

(ただし、バリアフリー化改修や天災等による改修は除く。)

対象とならない経費

  1. 門、柵、塀、植樹等の建設附帯工事費及び購入費
  2. 用地取得費
  3. 既存の建物の解体費用
  4. 備品購入費
  5. 既存集会施設の建物が、建築した翌年度から起算して25年を経過していない建設に係る費用
  6. 1件10万円未満の改修に係る費用
  7. 国、県、市等の補助事業により、建設事業費及び改修事業費を対象とした補助金の交付を受ける集会施設の建設及び改修(登米市集会施設耐震診断助成事業、登米市集会施設環境改善事業及び登米市地域材需要拡大支援事業を除く。)に係る費用
  8. その他交付対象とすることが適当でないと認められるもの

事業活用マニュアル及び各種様式

  1. 集会施設整備事業補助金要望書(ワード:51KB)
  2. 補助金等交付申請書および収支予算書(ワード:49KB)
  3. 集会施設整備事業計画書(ワード:42KB)
  4. 補助金等概算交付請求書および口座振込依頼書(ワード:36KB)
  5. 補助事業等実績報告書および収支決算書(ワード:67KB)
  6. 集会施設整備事業成績書(ワード:39KB)
  7. 集会施設整備事業補助金交付要綱(PDF:326KB)

要望受付期限

  1. 平成30年度事業の補助金要望:平成29年10月31日(火曜日)まで

申し込み先

企画部市民協働課

TEL:0220-22-2173

※事前にスケジュール、対象経費等についてご相談ください。

このページ内容に関するお問い合わせ先

企画部市民協働課 

住所:〒 987-0511 登米市迫町佐沼字中江二丁目6番地1

電話:0220-22-2173

ファックス:0220-22-9164

メールアドレス:shiminkyodo@city.tome.miyagi.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る