ホーム > 市政情報 > 移住・定住 > 平成30年度登米市移住体験ツアー > 平成30年度第1回登米市移住体験ツアー

更新日:2018年5月1日

ここから本文です。

平成30年度第1回登米市移住体験ツアー

平成30年度第1回登米市移住体験ツアーを開催します

移住を検討している人に、登米市の魅力を体感していただくことを目的に、基幹産業である農業を取り入れた、平成30年度第1回目の移住体験ツアーを下記のとおり開催します。

日時

1日目:平成30年5月26日(土曜日)13時から19時まで

2日目:平成30年5月27日(日曜日)8時から13時まで

内容及び行程

(1)平成30年5月26日(土曜日)

時間 内容
13時00分 集合:登米市役所迫庁舎正面玄関前
13時30分

観光:道の駅津山もくもくランド(津山町)

旬の山菜や津山杉を加工した矢羽木工品等の買い物を楽しむ

14時15分

体験:登米地域認証品生産者金田忠男氏圃場(登米町)

旬を迎えたアスパラガスの収穫体験を楽しむ

15時15分

観光:みやぎの明治村(登米町)

とよま観光物産センター「遠山之里」を発着点とした自由散策を楽しむ

17時00分 交流会:登米市移住・定住サポートセンター(迫町)

フードコーディネーター千葉翔太氏が調理する登米市ならではのメニューを味わいながら先輩移住者を含めた地元住民との交流を楽しむ

≪会費≫

・中学生以上:1,500円

・小学生:800円

・未就学児:無料

19時00分 解散:登米市役所迫庁舎正面玄関前

 

(2)平成30年5月27日(日曜日)

時間 内容
8時00分 集合:登米市役所迫庁舎正面玄関前
8時30分

見学:ひだまりタウンよねやま(米山町)

平成30年7月より分譲開始予定の宅地造成地を見学する

9時00分

体験:株式会社いなほ(米山町)

米・野菜・家畜による自然循環型農業の取り組みを学びながら種々の作業を体験する

・自然循環型農業の取り組みに関する講話

・平飼い養鶏場での卵収穫及び餌やり体験

・田んぼ豚の飼育見学及び餌やり体験

・田植え体験(昔ながらの手植えによる作業を体験)

12時00分

昼食:若鮨【ローストビーフ丼1,000円】(迫町)

※食事前に移住体験ツアーの感想記入

13時00分 解散:登米市役所迫庁舎正面玄関前

 

募集定員

12名(定員に達し次第、募集締め切り)

参加費

無料(ただし、登米市までの交通費、宿泊費、観光施設入場料、交流会費、食事代は参加者負担)

申込方法

必要事項を記載の上、平成30年5月24日(木曜日)までに、FAXまたはE-mailにて事務局あて申し込み

【必要事項】

■代表者情報:氏名、性別、年齢、住所、電話番号、当日相談したいこと

■同伴者情報:氏名、性別、年齢

移動方法

ツアーコースは、登米市の公用車にて移動

参加者景品

ツアーへの参加意欲の喚起と本市への愛着醸成を図るため、参加者に景品(登米市の特産品等)を進呈します。

チラシ

登米市移住体験ツアーチラシ(PDF:1,060KB)(別ウィンドウで開きます)

その他

移住体験ツアー参加者の増加を図り、移住者の創出につなげるため、県外から来訪する人を対象に交通費及び宿泊費の一部を補助します。

登米市移住体験参加促進事業補助金

事務局(問い合せ先)

登米市移住・定住サポートセンター

■所在地:登米市迫町佐沼字大網390番地15

■電話:0220-23-8711/FAX:0220-23-8755

■E-mail:tome-life@city.tome.miyagi.jp

お問い合わせ

登米市企画部企画政策課

〒987-0511 登米市迫町佐沼字中江二丁目6番地1

電話番号:0220-23-7331

ファクス番号:0220-22-9164

メールアドレス:tome-life@city.tome.miyagi.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

サイト内検索

便利情報

ページの先頭へ