ホーム > 市政情報 > 地域情報 > 米川の水かぶり(平成22年)

更新日:2010年2月3日

ここから本文です。

米川の水かぶり(平成22年)

国の重要無形民俗文化財に指定されている「米川の水かぶり」が、2月の初午の日にあたる平成22年2月1日(月曜日)に行われました。

この祭りは米川五日町地区に伝わる火伏せ行事で、地区内に住む男たちがわら装束に身を包んで神様の使いとなり、家々の前に用意された水を家にかけながら練り歩くものです。

今年は20代から70代まで25人の男性が参加。珍しい祭りを一目見ようと米川市街地にはたくさんのカメラマンや見物客が詰めかけました。

また、男たちの身につけているわらを抜き取り、屋根に上げると火伏せのお守りになるとも伝えられていることから、大人から子どもまでびしょぬれになりながら、競ってわら装束のわらを引き抜いていました。

水かぶり6
わら装束を身につけて

水かぶり1
顔にはたっぷりススを塗ります

水かぶり4
神様の使いとなった勇ましい男たち

水かぶり5
神様の使いとなった勇ましい男たち

水かぶり2
勢いよく家々に水をかけていきます

水かぶり3
勢いあまって水がかかっちゃった

サイト内検索

便利情報

ページの先頭へ