ホーム > 市政情報 > 地域情報 > 句碑開眼除幕式

更新日:2012年8月23日

ここから本文です。

更新日:2012年8月20日

句碑開眼除幕式

郷土の俳人佐藤青城(本名=佐藤彌市)の句碑開眼除幕式が長崎原爆忌である8月9日、東和町錦織の萬亀山寶林寺で行われました。除幕式は、青城先生生誕100年と柳絮句会(及川裕子会長)結成60年を記念して行われ、寺の関係者や柳絮句会員など約20名が出席しました。
この句碑は「北上川に逆波白き大南風(きたかみにさかなみしろきおおみなみ)」と刻まれ、夏の北上川に強い南風が吹き上がり、荒々しい白い逆波がたっている様子を詠っています。これは、青城先生が戦艦「長門」での洋上の戦闘経験や舟橋の錦桜橋を旧佐中に通学した記憶で、平和の願いも秘められています。
柳絮句会は戦後ホトトギスに参加していた飯塚野外(本名=飯塚憲)氏と錦織中学校の教頭であった青城先生らが教師やPTAと共に昭和23年に結成。それ以来60余年間、編纂された合同句集は30集に及び、青城先生は登米郡の俳句協会設立や赴任先の気仙沼や県内各地でも俳句指導を行い、俳句指導者を育成していました。また、一方で植物学者として新種のエダウチフデリンドウの発見者としても知られています。

除幕式3
柳絮句会 及川会長の挨拶

除幕式4
寶林寺住職による開眼読経

除幕式2
青城氏の家族と柳絮句会員代表による除幕

除幕式1
柳絮句会員の皆さん

お問い合わせ

登米市東和総合支所市民課

〒987-0901 登米市東和町米川字六反55番地1

電話番号:0220-53-4111

ファクス番号:0220-53-4100

メールアドレス:towa-simin@city.tome.miyagi.jp

サイト内検索

便利情報

ページの先頭へ