本文へジャンプします。

  • foreign language
  • モバイルとめ
  • サイトマップ
文字サイズ
拡大
標準
縮小

  • トップページ
  • 市の紹介
  • 市のデータ
  • くらしのガイド
  • 観光・物産情報
  • 行政情報
トップ > 行政情報 > 市の取り組み > 市民協働 > 登米市市民活動総合補償制度

ここから本文です。

登米市市民活動総合補償制度

市民の皆さんが安心して市民活動に参加できるよう、市では市民活動総合補償制度を平成20年5月1日から開始しました。

保険料は、登米市が負担し保険会社と契約を行いますので、市民の皆さんが事前の加入や登録の手続きを行う必要はありません。
この補償制度は、自治会や市民活動団体、その他市民活動をしている方が、公益的な活動中にけがをしてしまった場合や、誤って第三者を負傷させた場合などの不慮の事故を救済するためのものです。

対象となる方

登米市内を拠点として継続的、自発的に市民活動を行う方

対象となる活動

次の内容をすべて満たしている市民活動が対象となります。

  1. 公益性のある活動であること
  2. 登米市内を拠点としていること
  3. 活動が継続的、自発的に行われていること
  4. 無報酬(実費弁償等は除きます。)で行っていること

(注)市で契約するほかの保障制度(総合賠償補償保険、公民館保険)が対象となる場合は、この保障制度の対象にはなりません。

※総合賠償補償保険:市の主催事業など市の管理下において起こった事故等が対象

※公民館保険:公民館等の施設内での事故や公民館事業での事故等が対象

補償の対象となる主な活動例

市民活動の区分

具体例

1.社会教育活動

自治会活動、清掃活動、河川・道路愛護活動、防犯・防火活動、婦人会活動、除雪ボランティアなど

 

※対象となる活動を行うための会議や準備活動、また、活動の場所から住所地までの往復の移動中も含みます。

2.社会福祉・社会奉仕活動

3.青少年健全育成活動

4.市主催事業などへの参加・手伝い

5.地域社会活動

補償の対象とならない主な活動

宗教・政治・営利を目的とした活動、学校などの行事、銃器を使用する有害鳥獣駆除活動、趣味などを目的としたスポーツや文化活動など

 

保険の内容

賠償責任補償

市民活動中に、従事する人が、第三者の身体・財物等に損害を与え、法律上の賠償責任を負う場合に、補償金支払限度額の範囲内で補償します。

区分

補償金支払限度額

免責金額

身体賠償

1名につき 6,000万円

1事故につき 2億円

1事故につき1万円

(自己負担額)

財物賠償

(受託物含む)

1事故につき 100万円

 

事故の発生状況等によっては、保険金がお支払できない場合がありますので、お問い合せください。

※補償の対象とならない主なもの:交通事故などの車両によるもの、同居の親族に対するものなど

傷害補償

市民活動中に、従事する人または参加者が、急激かつ偶然な事故によって怪我を負った場合、もしくは、熱中症・日射病・細菌性食中毒と診断された場合に補償します。

区分

補償金支払限度額

死亡補償

1名につき300万円

後遺障害補償

1名につき9~300万円(後遺障害の程度により)

入院補償

1日につき3,000円(180日を限度)

通院補償

1日につき2,000円(90日を限度)

※補償の対象とならない主なもの:自覚症状しかないむち打ち症や腰痛、脳心疾患・疾病(熱中症・日射病・細菌性食中毒を除く)など

 

 

事故が発生した場合


事前の登録などは不要ですので、万が一事故が発生した場合には、事故発生から30日以内に最寄りの総合支所市民課(市が実施した事業での事故は事業担当課)へ、事故報告書に活動の概要を把握できる資料(通知文、お知らせなど)を添えて申請してください。

資料等

補償制度の詳細については、下記のリーフレットをご覧ください。
ご不明な点がございましたら、市民協働課または最寄りの総合支所市民課までお問い合わせください。

 

このページ内容に関するお問い合わせ先

企画部市民協働課 

住所:〒 987-0511 登米市迫町佐沼字中江二丁目6番地1

電話:0220-22-2173

ファックス:0220-22-9164

メールアドレス:shiminkyodo@city.tome.miyagi.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る