トップページ > 展示案内 -企画展

展示案内
 

収蔵作家の作品-企画展「視覚アート展」


新しく展示されている作品は10点。直線を基本にした作品で、見る位置によって作品の見え方が違ってくるような楽しい作品です。視覚アートの巨匠・ Carlos Cruz-Diezと、Ivan Contreras-Brunet、Cesar Andrade、Gudrun Piper、Bruno Erdmann、Klaus Staudt Rene Guiffrey、Janos Fajo
、Francisco Salazar、Dario Perez-Flores の展示です。
   


収蔵作家の作品-企画展「レリーフ展」
12点が展示されています。
Gaetano Pinna、Aigurd Rompza、Nicolas Schofer, Andre Stempfel,Gael Bourmaud、
Joel Froment,Christian Parguet,Bolivar,Jaildo Marinho Jean Branchetの展示です。





収蔵作家の作品-企画展「KUPKA版画展
クプカ=KUPKAのパリで制作された木版画、タイトル・白黒の4つの歴史(QUATRE HISTORIES DE BLANC ET NOIR)の版画展です。

クプカは1871年チェコに生まれ、ウイーンで具象絵画を学び、その後、パリに住んでから幻想的な具象絵画から、立体派の影響を受けながら、1910年代に既に抽象絵画を制作。1931年のアブストラクション・クレアション(Abstraction-Creation)に参加。主要メンバーとなり、多くの幾何学構成傾向の画家たち(特にデ・ステール)との交流が始まり、作品は幾何学構成的な絵画になりました。そして、戦後、Salon Realites Nouvellesに参加しました。パリ郊外のピュトーに1957年没まで住んでいました。
今回の版画展は1976年12月から1977年1月まで、パリ市立近代美術館でクプカ展が開催された時のプレス(美術評論家、美術報道関係者)用限定版の図録に付いていた表紙を含めて27枚の版画(複製)の展示です。著名なパリの美術評論家 Gerard Xuriguera氏よりミュージアムに寄贈していただきました。






常設展