本文へジャンプします。

  • foreign language
  • モバイルとめ
  • サイトマップ
文字サイズ
拡大
標準
縮小

  • トップページ
  • 市の紹介
  • 市のデータ
  • くらしのガイド
  • 観光・物産情報
  • 行政情報
トップ > 市の紹介 > プロフィール > 登米市の花鳥木

ここから本文です。

登米市の花鳥木

登米市の花鳥木

平成22年10月1日制定

 登米市市制施行5周年を記念し、水の里としての豊かな自然環境を、市民と行政が一体となって、守り、育て、「人と自然が共生するうるおいのあるまちづくり」を進めていくためのシンボルとして、登米市の花鳥木を次のように制定しました。

市の花「さくら」

sakura

   「さくら」は、公園、学校、寺社など、登米市内いたるところで見られ、名所も多く、春を告げる花として、世代を超えて親しまれていることから、「さくら」を市の花としたものです。

 市の鳥「はくちょう」

hakucho    「はくちょう」は、伊豆沼をはじめ、登米市内各地に飛来し、冬の使者として、また、家族や仲間の絆を大切にする鳥としても知られており、登米市の自然・環境保護の象徴として、「はくちょう」を市の鳥としたものです。

市の木「すぎ」

sugi           

   「すぎ」は、里山や寺社、いぐねなど、身近に生育し、地域産材として広く知られており、まっすぐ伸びる姿を登米市の発展に重ね合わせ、「すぎ」を市の木としたものです。

 

このページ内容に関するお問い合わせ先

企画部企画政策課 

住所:〒 987-0511 登米市迫町佐沼字中江二丁目6番地1

電話:0220-22-2147

ファックス:0220-22-9164

メールアドレス:kikakuseisaku@city.tome.miyagi.jp

ページの先頭へ戻る