本文へジャンプします。

  • foreign language
  • モバイルとめ
  • サイトマップ
文字サイズ
拡大
標準
縮小

  • トップページ
  • 市の紹介
  • 市のデータ
  • くらしのガイド
  • 観光・物産情報
  • 行政情報
トップ > 東日本大震災に関する情報 > 東日本大震災にかかる災害援護資金貸付について

ここから本文です。

更新日:平成28年9月12日

東日本大震災にかかる災害援護資金貸付について

平成28年9月1日現在:登米市)

東日本大震災により負傷または住居、家財の損害を受けた方に対して、災害弔慰金の支給に関する法律に基づき、生活の再建に必要な資金を貸し付けします。

 

【対象となる世帯】

以下のいずれかの被害を受けた世帯の平成23年3月11日時点の世帯主が対象です。
 1.世帯主が災害により負傷し、その療養に要する期間が概ね1ヵ月以上

 2.家財の1/3以上の損害

 3.り災証明書により住居の半壊または全壊

※世帯の人数により所得制限があります。

 

 

世帯人数

1人

2人

3人

4人

5人以上

総所得額

220万円

430万円

620万円

730万円

世帯人数が1人増えるごとに、730万円に30万円を加えた額

住居全体が滅失したとき・・・・世帯人数に関係なく、1270万円上限になります。

【貸付限度額】

けがの程度、損害の種類・程度で貸付限度額が変わります。

1.世帯主がおおむね1か月以上の負傷があった場合

被害の程度

貸付限度額

家財及び住居の損害がない場合

150万円

住居に損害はないが、家財のおおむね1/3以上に損害を受けた場合

250万円

住居が大規模半壊・半壊した場合

270万円

住居が全壊した場合

350万円

2世帯主に負傷がない場合

 

被害の程度

貸付限度額

住居に損害はないが、家財のおおむね1/3以上に損害を受けた場合

150万円

住居が半壊した場合

170万円

住居が全壊した場合

250万円

住居の全体が滅失し、または流失した場合

350万円

【貸付条件】

 1 利率 連帯保証人ありの場合 無利子

 連帯保証人なしの場合 年1.5%

 2 償還期間 13年(措置期間を含む)

 3 措置期間 6年(世帯主の死亡や住居が全壊など特別の事情がある場合は8年)

 4 償還方法 年賦・半年賦(元利均等償還・繰上償還可)

 5 違約金  約定償還期限を過ぎて償還金を延滞した場合は、支払期日の翌日から延滞元利金額につき年利10.75%の違約金が発生します。

 

【※連帯保証人の要件として】
 1 連帯して債務を負担する能力のある方

 2 借入申込人と同一世帯、同一生計でない方
 3 連帯保証人となる方が災害援護資金の借り受けをしていないこと。
 4 連帯保証人とする方が他の方の災害援護資金借入の際の保証人となっていないこと。

 

【申請について】
 受付期間 平成30年3月31日まで

 受付場所 総合支所市民課または市民生活課(南方庁舎2階)

 受付時間 午前8時30分から午後5時15分まで

 

【市歳入の未納がある方の場合】
 市歳入(税等)の未納がある場合は、貸付できない場合があります。


【申請に必要なもの】

 ・下記の必要書類が添付されていない場合は受付できません。

 ・書類はすべて原本が必要です。(受付で原本を確認後、コピーをしたうえで返却することが可能です。)


借入申込世帯の分

状況

必要書類

備考

すべての方が必要

災害援護資金借入申込書

必要事項をもれなく記入し、自筆署名の上、押印してください。

調査同意書

被災時の世帯全員の調査同意書が必要。所得や固定資産所有状況その他関係機関への調査に同意していただくものです。

納税証明書

納税証明書(前年度分・申請者分)

状況に応じて必要になるもの

「住家の損害」で申し込む場合

り災証明書

登米市発行のり災証明書。(コピーでも可)

「家財の損害」で申し込む場合

申込書裏面の「家財の状況」記入

審査による家財の被害額が当時所有していた家財の1/3を超えない場合については貸付対象外となります。被災時所有のすべての家財についてもれなく記入してください。

家財の損害状況が確認できる書類

処分先からの引取証、

廃棄証明書、

修繕の見積書、

代替品の購入時領収書、

破損した家財の写真、

家財保険の保険請求書等

「世帯主負傷」で申し込む場合

医師の診断書

療養期間が1ケ月以上で、震災による負傷であることが確認できる診断書

 

連帯保証人の分(連帯保証人を立てて申し込む場合)

必要書類

備考

連帯保証人の住民票

市外の方の場合提出してください。

連帯保証人の平成24年度分(平成23年分)所得証明書

平成24年1月1日に住民登録をしていた市町村から取り寄せてください。

連帯保証人の資産証明書

資産をお持ちの場合、提出してください。

 

【審査について】

 ・審査の結果、添付書類等に不備があったり、返済計画の見通しがたたない場合は、貸付不可となる場合や貸付承認まで時間のかかる場合があります。

 ・審査の状況により、あらためて必要な書類の提出をお願いする場合があります。

 

【貸付の決定及び借用書の提出について】

 ・申込の受理後、貸付の決定または決定できない旨の通知をお送りするまでは、おおむね1ケ月から2ケ月かかります。

 ・貸付の決定を行った方には以下の書類を提出していただきます。(申込みの段階では不要です。)

 (1)借用書(所定の用紙を送付します。)

 (2)口座振替依頼書(所定の用紙を送付します。)及び貸付金を振込する通帳のコピー

 (3)印鑑登録証明書(連帯保証人を立てる場合は連帯保証人の印鑑登録書も必要です。) 

※ご注意(PDF:84KB)

 

【貸付金の振込について】

貸付金の振込は、借用書等が提出されてから、おおむね2~3週間となります。

 

このページ内容に関するお問い合わせ先

福祉事務所生活福祉課 

住所:〒987-0446 登米市南方町新高石浦130番地

電話:0220-58-5552

ファックス:0220-58-2375

メールアドレス:seikatufukusi@city.tome.miyagi.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る