本文へジャンプします。

  • foreign language
  • モバイルとめ
  • サイトマップ
文字サイズ
拡大
標準
縮小

  • トップページ
  • 市の紹介
  • 市のデータ
  • くらしのガイド
  • 観光・物産情報
  • 行政情報
トップ > くらしのガイド > 保健・福祉 > 保育所について > 平成30年度保育施設利用申し込みについて

ここから本文です。

更新日:平成29年11月1日

平成30年度保育施設利用申し込みについて

申込方法等について

入所期間(平成30年度)

入所期間は平成30年4月1日から平成31年3月31日までの期間となります。また、年度途中の利用開始希望の申し込みについては、入所決定の日から平成31年3月31日までの期間となります。ただし、保護者が求職中等の事由により入所する場合は、入所決定の日から3カ月とし

ますが、引き続き求職中である場合は、求職活動状況申告書提出により延長することができます。

受付期間等(平成30年4月及び5月から入所希望の方)

期間:平成29年11月1日(水曜日)から平成29年11月17日(金曜日)まで(土日祝日は除きます)

場所:各総合支所市民課(市民係窓口)

時間:午前8時30分から午後5時15分まで

上記期間を過ぎた場合は、2次利用調整の対象となります

提出書類について

保育が必要な事由により、提出する書類が異なりますので、詳しくは下記募集のしおり3ページから4ページをご覧ください。

申込関係書類について

支給認定について

「年齢」及び「教育希望」によって、支給認定区分が決定されます。

支給認定区分

対象となる子ども
1号認定(保育の必要のない幼児)

満3歳以上で、学校教育を希望される場合(預かり保育を利用する場合も含む)

2号認定(保育の必要な幼児)

満3歳以上で、「保育を必要とする事由」に該当し、保育を希望する場合

3号認定(保育の必要な乳幼児)

満3歳未満で、「保育を必要とする事由」に該当し、保育を希望する場合

  • 平成30年4月1日以降に入所する児童の支給認定証につきましては、保護者の希望により交付いたします。
  • 支給認定証の交付を希望されない方については、保育施設との契約に必要な「支給認定区分等」が記載されている支給認定決定通知書を送付いたします。

 

「保育必要量」については、父母それぞれの「保育を必要とする理由」により決定され、父または母のいずれかが短時間に該当する場合は「短時間」となります。

保育必要量 保育利用可能時間
保育標準時間 1日あたり11時間
保育短時間 1日あたり8時間

 

登米市内保育施設(保育所・保育事業所)一覧

このページ内容に関するお問い合わせ先

福祉事務所子育て支援課 

住所:〒987-0446 登米市南方町新高石浦130番地

電話:0220-58-5562

ファックス:0220-58-2375

メールアドレス:kosodateshien@city.tome.miyagi.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る