本文へジャンプします。

  • foreign language
  • モバイルとめ
  • サイトマップ
文字サイズ
拡大
標準
縮小

  • トップページ
  • 市の紹介
  • 市のデータ
  • くらしのガイド
  • 観光・物産情報
  • 行政情報
トップ > くらしのガイド > 保健・福祉 > 登米市の健康寿命を延ばしましょう!

ここから本文です。

更新日:

健康寿命を延ばしましょう!

「健康寿命」とは、認知症や寝たきりにならないで、元気に暮らすことができる期間のことをいいます。登米市民の健康寿命は、県内でも低い状況にあります。健康寿命を延ばし、いつまでも健やかに生活できるよう、今、あなたができることから始めてみましょう。

できることから始めてみましょう!

減塩!あと3グラム

塩分の取りすぎは、血圧を高めたり動脈硬化を進行させます。ひとつまみの減塩から始めましょう!

野菜をもっと食べよう

yasai1日5皿(350g)を目標に野菜を食べましょう

健全な食生活の実現に向けて、「野菜を毎食食べること」をおすすめしていますが、国や県の健康栄養調査の結果では、1日の野菜摂取目標量にあと1皿分(70g)が不足しているのが現状です。

そこで、市では市内事業所・店舗等と連携し野菜摂取アップをすすめています。

家庭の食事で野菜をあと1皿プラスして、健康を意識した食事づくりに取り組みましょう。

 

登米市食生活改善推進員協議会おすすめレシピ

「登米の旬な野菜レシピ」を作成しました。

市内の地場産野菜売り場等で配布していますので、是非食事づくりの参考にしてください。

  1. 夏野菜の揚げ浸し(PDF:152KB)
  2. ズッキーニのきんぴら(PDF:165KB)
  3. きゅうりと豚ひれ肉の串かつ(PDF:147KB)
  4. きゅうりといかのカレー炒め(PDF:128KB)
  5. かぼちゃのおかか揚げ(PDF:108KB)
  6. 白菜とリンゴのサラダ(PDF:102KB)
  7. さつま芋ののっぺい汁(PDF:147KB)
  8. まるごとキャベツのスープ(PDF:117KB)
  9. れんこんと豚肉のしょうが炒め(PDF:119KB)
  10. ニラと青菜の中華風炒め(PDF:106KB)

 

毎日のくらしにwithミルク~牛乳・乳製品で健康生活を!~

 

平成27年国民健康・栄養調査の結果では、20~30歳代で3人に1人(34.9%)が、牛乳・乳製品をとっていない状況でした。

また、20~30歳代の女性のカルシウムやたんぱく質の摂取量が60歳以上の方と比べて少ない状況でした。特に女性のカルシウム摂取不足は、閉経後の骨粗しょう症リスクを高める原因にもなります。

牛乳・乳製品は、カルシウムやたんぱく質が豊富に含まれており、最近ではカリウムも手軽にとれる食品とされています。毎日の食事に牛乳・乳製品を取り入れましょう。

牛乳・乳製品の摂取

歩こう!あと1000歩

成人は1分間で約100歩歩くと言われています。目安は1日プラス10分で1000歩になります。

めざせ!受動喫煙防止

あなたの禁煙は、あなたたけではなく周りの人の健康寿命を延ばすことにもつながります。

活用!健診結果

健康診断の結果により、早めに受診、または積極的に保健指導を受けましょう。

 

このページ内容に関するお問い合わせ先

市民生活部健康推進課 

住所:〒987-0446 登米市南方町新高石浦130番地

電話:0220-58-2116

ファックス:0220-58-3345

メールアドレス:kenkosuisin@city.tome.miyagi.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る