本文へジャンプします。

  • foreign language
  • モバイルとめ
  • サイトマップ
文字サイズ
拡大
標準
縮小

  • トップページ
  • 市の紹介
  • 市のデータ
  • くらしのガイド
  • 観光・物産情報
  • 行政情報
トップ > 仙台ロイヤルパークホテルのシェフが登米の「はっと」を学ぶ

ここから本文です。

仙台ロイヤルパークホテルのシェフ対象の「はっと講習会」を開催

平成29年11月29日(水曜日)、登米市とJAみやぎ登米と3者で連携協定を締結している仙台ロイヤルパークホテル(仙台市泉区寺岡6-2-1)のシェフの皆さんを対象にした「はっと講習会」を道の駅米山で開催しました。

これは、ホテルで平成29年12月1日から朝食で「はっと汁」を提供するにあたり、シェフの皆さんに美味しいはっとを作るコツなどを学んでいただくために実施したもので、市内で「田舎料理ころも川」を経営する衣川祐子さんら3名の方が講師となり、仙台ロイヤルパークホテルの池田一之総料理長、行田敏幸シェフズテラス料理長、鈴木大陸和食料理長の3名が参加しました。

講習では、生地を練るところや生地を薄く延ばしてちぎる作業などを中心に行われ、池田総料理長は「生地の硬さはどれくらいがいいか」という質問があり、衣川氏からは「気温や湿度で水の量を加減することが大事」「練れば練るほど美味しいはっとになる」とアドバイス。

シェフの皆さんは熱心に耳を傾け、生地の硬さや延ばし方などを確認していました。

講習後は作った「はっと汁」を食べながら交流し、シェフの皆さんからは、「プロに勝るものはないと感じた。微妙な水加減など長年の感覚はすごい。これまでホテルでは、小松菜ジュースや新鮮野菜など朝食で登米の魅力を発信しているが、登米の新たな魅力として「はっと汁」を自信を持って提供していきたい。」「本物の「はっと汁」を食べたという思い。ホテルでもこの味を出していきたい。」「長年の経験の技・味、素晴らしい。勉強になった。」といった感想が述べられました。

講師からは「シェフの皆さんに教えるなんてとても恥ずかしいと思ったが、貴重な経験になった。シェフの皆さんに喜んでもらえればとても嬉しい。今度は仙台ロイヤルパークホテルに「はっと」や美味しいお料理を食べに行きます。」と話しました。

仙台ロイヤルパークホテルでは、平成29年12月1日から平成30年2月末までの予定でシェフズテラスの朝食で「はっと汁」を提供予定です。

皆様、仙台ロイヤルパークホテルにぜひご来場ください。

 

仙台ロイヤルパークホテル

〒981-3204

仙台市泉区寺岡6丁目2番地の1

TEL.022-377-1111(代表)

http://www.srph.co.jp/

20171130_01

20171130_02

20171130_03

20171130_04

20171130_05

20171130_06

20171130_07

20171130_08

20171130_09

このページ内容に関するお問い合わせ先

産業経済部ブランド戦略室 

住所:〒987-0602 登米市中田町上沼字西桜場18番地

電話:0220-34-2549

ファックス:0220-34-2801

メールアドレス:brand@city.tome.miyagi.jp

ページの先頭へ戻る