本文へジャンプします。

  • foreign language
  • モバイルとめ
  • サイトマップ
文字サイズ
拡大
標準
縮小

  • トップページ
  • 市の紹介
  • 市のデータ
  • くらしのガイド
  • 観光・物産情報
  • 行政情報
トップ > くらしのガイド > 農業・林業 > 「中高生起業体験プログラムin登米」(後半戦)を開催しました

ここから本文です。

「中高生起業体験プログラムin登米」(後半戦)を開催しました

 

 平成27年8月7日(金曜日)~9日(日曜日)の3日間、「中高生起業体験プログラムin登米」の後半部分として、模擬店での販売を2日間、最終日の9日には財務諸表の作成、株主総会、閉会式を開催しました。

後半戦初日の8月7日(金曜日)は、各チームで買出しや看板などの作成、試作品づくり、売り上げ目標などを立てたりしながら翌日に備えました。

 模擬店販売の初日となる8月8日(土曜日)は、登米市に本店のある、地元のスーパー、ウジエスーパー様の協力のもと、ウジエスーパー佐沼本店を会場に行われ、4つのチームは、高校生のみのチームが1チーム、高校生と中学生の混合チームが2チーム、中学生のみのチームが1チームで、販売商品は、フルーツポンチ、かき氷、焼きトウモロコシ、トロピカルジュースの4つの商品をそれぞれ販売しました。

 初日は、午前10時から午後3時までの販売時間でしたが、4チーム中3チームが初日の目標を達成しましたが、かき氷のチームは目標を下回る売り上げとなりました。かき氷チームの参加者は、「昨日までに比べて少し涼しかったことが要因」と分析していました。この日は、各チームとも最終日に向けて目標を再確認して終了しました。

 最終日の8月9日(日曜日)は、模擬店での販売は断続的に雨が降るあいにくの天気でしたが、参加者たちは売上をあげるために工夫をしながら取り組みみました。実際の商売でも毎日天気が良いわけではありません。雨の中での販売は大変でしたが、さまざまな状況下に対応するという意味では最高の天候となりました。各チームそれぞれが、宣伝やクーポン券の配布など販売活動を工夫した結果、午前10時から午後2時までの販売時間で、全4チームとも、その日の目標数を売り切ることができました。

 参加した4チーム中、最優秀起業家チームは、トロピカルジュースを販売した(株)fireworks(メンバー全員が中学生のチーム)で、販売活動後の閉会式では表彰を行い、5日間のプログラムに幕が下ろされました。

 参加者からは、「みんなで協力して楽しく販売ができて良かった。会社をつくることも商品を販売することも大変だということが分かった。」などといった感想が述べられ、商売の大変さを感じながらも起業する楽しさを学ぶことができたようです。

 今回、ご参加いただいた市内の中高生の皆さん、たくさんの講師の皆さん、模擬店の会場を貸してくださったウジエスーパー佐沼本店様、御協力ありがとうございました。

 

0809-1

0809-3

 0809-5

 0809-7

0809-9

0809-2

0809-6

0809-4

0809-8

 0809-10

 

このページ内容に関するお問い合わせ先

産業経済部ブランド戦略室 

住所:〒987-0602 登米市中田町上沼字西桜場18番地

電話:0220-34-2549

ファックス:0220-34-2801

メールアドレス:brand@city.tome.miyagi.jp

ページの先頭へ戻る