本文へジャンプします。

  • foreign language
  • モバイルとめ
  • サイトマップ
文字サイズ
拡大
標準
縮小

  • トップページ
  • 市の紹介
  • 市のデータ
  • くらしのガイド
  • 観光・物産情報
  • 行政情報
トップ > 宮城県登米市「長沼ボート場」への応援ありがとうございました

ここから本文です。

 

ボート・カヌー競技の強化練習や、インターハイ、オリンピックの事前合宿など

全国規模の大会を開催できるよう、これからも長沼の周辺環境を整え

『ボートのまち登米市』のシンボルとなるように着実に取り組んでまいります。

全国の皆さまからのたくさんの応援、本当にありがとうございました

「長沼ボート場」につきましては、今回、東京五輪のボート・カヌー競技での会場候補地として、全国から数多くの方々の注目と関心が集まり、ボート・カヌー競技全体へ興味や、宮城県・登米市の自然と、長沼ボート場の競技環境の素晴らしさを知っていただくきっかけとなりました。

全国の皆さまに感謝の気持ちを伝えるとともに、『ボートのまち登米市』として、これからも東京五輪を応援していきたいと思います。

また、本市では、平成29年度に長沼ボート場を会場に開催される全国高等学校総合体育大会(インターハイ)のボート競技大会に向けて準備を進めております。東京五輪では、事前合宿地として積極的にボート・カヌー競技の振興に協力をしていきます。

『ボートのまち登米市』として、ボート・カヌーの競技力向上と交流人口の増加を図り、市民の交流と健康増進のために長沼ボート場の環境整備を推進していきますので、今後とも応援よろしくお願いいたします。

 

bo-to1 bo-to2
bo-to3

「長沼ボート場」とは?

宮城県登米市に位置する「長沼」は、広い面積と穏やかな湖面がボートをはじめとする漕艇競技に適しており、「長沼ボート場」は全国でも4ヵ所しかない国際A級コースの優れた競技環境を有するボート競技場です。

2000メートル8レーンの常設コースは国内唯一で、全国各地から中高生、大学生、社会人などのオアズマン(ボート選手)が、練習や強化合宿、大会競技などで訪れるほか、子どもたちをはじめとした市民が海洋性スポーツレクリエーションを気軽に親しめる貴重な交流施設として、多くの方々に利用され親しまれています。

 

 

bo-to4

今後の課題

ボートやカヌーの大会開催時などにおいて拠点施設となるような施設がなく、また、トイレ・シャワー・更衣室などの設備の不足に加え、長沼フートピア公園内に併設された「迫ふるさと交流館」等の宿泊できる設備の老朽化も進んでおり、利用者が不便を来している状況があります。

長沼ボート場は、国際試合のできる競技場として、今後もボート・カヌー競技においてより多くの競技者が集う状況と、ボート・カヌー競技の競技人口の拡大、長沼の水域を利用して海洋性スポーツレクリエーションに親しむ子ども達のために、周辺の環境整備をしていく必要性があります。

 

 

宮城県登米市「長沼ボート場」応援ありがとう!(外部サイトへリンク)

※「登米市ふるさと応援寄附金」の使い道の一つとして、ご選択いただけます。

(10)前各号に掲げるもののほか、市長が必要と認める事業(長沼ボート場環境整備事業)

 

 

「長沼ボート場」周辺施設等

 

『長沼フートピア公園』

長沼を望む広い公園内にはシンボルの「白鳥」と呼ばれるオランダ風車が設置されており、111メートルのローラーすべり台や、オートキャンプ場、レンタサイクル等が人気です。

また、春には長沼を囲むように植えられた千本桜、チューリップ等が咲き乱れる花の名所となっている他、「東北風土マラソン」「河北レガッタ2000」「長沼はす祭り」「ふるさと花火IN長沼」など、年間を通して多くの祭りやイベントが開催される、登米市を代表する交流スポットとなっています。

 

『迫ふるさと交流館』

長沼ボート場と同じ、長沼湖畔の長沼フートピア公園内にある宿泊施設で、館内には研修室や食堂の他に、6つの部屋があり最大で約60名を収容できるため、全国から高中学生、大学生、社会人等に、練習や強化合宿、大会時の宿泊地等として昔から使用されています。

(※現在は、老朽化のため宿泊施設としては利用できません。)

 

『河北レガッタ2000』

毎年初夏に開催される河北レガッタ2000は、全国各地からトップレベルの選手たちが集い真剣勝負を繰り広げます。

 

『長沼レガッタ』

毎年秋に開催される長沼レガッタは、ボート・カヌー競技の拡大を目的に、市民の誰もが気軽に参加して、交流を深めながら参加できる市民レガッタです。競技会とは一味違った雰囲気で、職場の仲間、友達同士などと一緒にボートの爽快感を楽しめます。

 

『長沼ダム』

宮城県登米市の「長沼」に建設された宮城県営のダム。自然湖をダム化した事例としては国内最大級の規模を誇ります。迫川下流部の治水目的のほか、長沼のボート競技の円滑な運営を図るための目的があり、レクリェーションの目的を持つダムとしては東日本で唯一となっています。

 

 

このページ内容に関するお問い合わせ先

総務部総務課 

住所:〒 987-0511 登米市迫町佐沼字中江二丁目6番地1

電話:0220-22-2091

ファックス:0220-22-3328

メールアドレス:somu-somu@city.tome.miyagi.jp

教育委員会生涯学習課 

住所:〒987-0602 登米市中田町上沼字西桜場18番地

電話:0220-34-2698

ファックス:0220-34-2504

メールアドレス:syogaigakusyu@city.tome.miyagi.jp

ページの先頭へ戻る