本文へジャンプします。

  • foreign language
  • モバイルとめ
  • サイトマップ
文字サイズ
拡大
標準
縮小

  • トップページ
  • 市の紹介
  • 市のデータ
  • くらしのガイド
  • 観光・物産情報
  • 行政情報
トップ > 障害者虐待の防止について

ここから本文です。

更新日:

障害者虐待の防止について

障害者虐待防止法について

障害者に対する虐待は障害者の尊厳を害するものであり、障害者の自立及び社会参加にとって虐待を防止することは極めて重要です。

平成24年10月1日に「障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律」(障害者虐待防止法)が施行され、障害者に対する虐待を発見した者は、市町村等に通報することが義務づけられました。

障害者虐待を防止するためには、早期発見・早期対応が重要です。虐待を受けていると思われる障害者を発見したら、すぐに下記窓口までご連絡ください。

 

○通報の秘密は守られ、通報したことを理由に不利益な取扱いを受けることはありません。

障害者の虐待や養護者の支援に関する相談・通報窓口

【平日(8時30分~17時15分)】

登米市障害者虐待防止センター(登米市福祉事務所生活福祉課障害福祉係)

TEL:0220-58-5552

FAX:0220-58-2375

【夜間・休日】

登米市南方総合支所(日直・当直窓口)

TEL:0220-58-2111

FAX:0220-58-2375

※夜間・休日の相談は、日直・当直者を通じ、担当者に取り次ぎます。

障害者虐待の具体例

区分

具体例

身体的虐待

平手打ちをする、殴る、蹴る、叩きつける、つねる、無理やり食べ物や飲み物を口に入れる、火傷させる、縛り付ける、閉じ込めるなど

性的虐待

性的な行為や接触を強要する、障害者の前でわいせつな会話をする、わいせつな映像を見せるなど

心理的虐待

怒鳴る、ののしる、悪口を言う、仲間に入れない、子ども扱いする、無視をするなど

ネグレクト(放棄・放置)

食事や水分を与えない、入浴や着替えをさせない、排泄の介助をしない、掃除をしない、病気やけがをしても受診させない、第三者による虐待を放置するなど

経済的虐待

年金や賃金を渡さない、本人の同意なしに財産や預貯金を処分・運用する、日常生活に必要な金銭を渡さないなど

 

障害者虐待防止法が施行されました(厚生労働省ホームページ)(外部サイトへリンク)

このページ内容に関するお問い合わせ先

福祉事務所生活福祉課 

住所:〒987-0446 登米市南方町新高石浦130番地

電話:0220-58-5552

ファックス:0220-58-2375

メールアドレス:seikatufukusi@city.tome.miyagi.jp

ページの先頭へ戻る