本文へジャンプします。

  • foreign language
  • モバイルとめ
  • サイトマップ
文字サイズ
拡大
標準
縮小

  • トップページ
  • 市の紹介
  • 市のデータ
  • くらしのガイド
  • 観光・物産情報
  • 行政情報
トップ > くらしのガイド > 保健・福祉 > 難聴児補聴器購入費助成について

ここから本文です。

難聴児補聴器購入費助成について

事業の内容

身体障害者手帳の対象とならない軽度・中等度難聴児の補聴器購入費の一部を助成します。

対象者

次のすべての要件を満たす方

・登米市在住の18歳未満の児童。

・両耳の平均聴力レベルが30デシベル以上で、身体障害者手帳の交付対象とならないこと。

・補聴器装用により、脳の発達及び言語の早期習得等に一定の効果が期待できると医師が判断していること。

・所得要件として、同一世帯の市町村民税最多納税者の納税額が46万円未満であること。

助成額

 

下記基準価格の2/3(経費が基準価格以下の場合はその額の2/3)

対象となる

補聴器の種類

1個当たりの

基準価格

基準価格に含まれるもの

ポケット型

34,200円

補聴器本体(電池を含む。)

※イヤモールドが必要な場合は、基準価格に9,000円を加える

※ダンパー入りフックの場合は、基準価格に

260円を加える

耳かけ型

43,900円

耳あな型(レディメイド)

87,000円

耳あな型(オーダーメイド)

137,000円

補聴器本体(電池を含む)

骨導式ポケット型

70,100円

補聴器本体(電池を含む)、骨導レシーバー、ヘッドバンド

骨導式眼鏡型

120,000円

補聴器本体(電池を含む)

※平面レンズが必要な場合は、基準価格に

1枚につき3,600円を加える

イヤモールド交換

9,000円

 

FM型補聴器の場合は、基準価格に右のものを追加できる。

1.FM型受信機:80,000円

2.ワイヤレスマイク:98,000円

3.オーディオシュー:5,000円

(注)ワイヤレスマイクは、1台のみとする。

※業者が材料仕入時に負担した消費税相当分として、基準価格の104.8/100に相当する額を上限とする

※補聴器の耐用年数は5年(前回の助成から5年を経過していない場合は助成対象外)

※イヤーモールド交換は助成対象となるが、補聴器の修理は助成対象外

※補聴器の数は、原則1個(医師が必要と認める場合のみ2個)

注意事項

 

・補聴器の購入前に申請が必要となります。

 

・申請時には、申請書のほか医師意見書、見積書の添付資料が必要となります。

利用手続き

各総合支所市民課市民係で申請してください。

問い合わせ
福祉事務所生活福祉課
障害福祉係(南方庁舎)
0220-58-5552
迫総合支所市民課
0220-22-2226
登米総合支所市民課
0220-52-2111
東和総合支所市民課
0220-53-4112
中田総合支所市民課
0220-34-2313
豊里総合支所市民課
0225-76-4113
米山総合支所市民課
0220-55-2112
石越総合支所市民課
0228-34-2112
南方総合支所市民課
0220-58-2112
津山総合支所市民課
0225-68-3113

このページ内容に関するお問い合わせ先

福祉事務所生活福祉課 

住所:〒987-0446 登米市南方町新高石浦130番地

電話:0220-58-5552

ファックス:0220-58-2375

メールアドレス:seikatufukusi@city.tome.miyagi.jp

ページの先頭へ戻る