本文へジャンプします。

  • foreign language
  • モバイルとめ
  • サイトマップ
文字サイズ
拡大
標準
縮小

  • トップページ
  • 市の紹介
  • 市のデータ
  • くらしのガイド
  • 観光・物産情報
  • 行政情報
トップ > くらしのガイド > 農業・林業 > 汚染ほだ木林地還元実証試験について

ここから本文です。

更新日:2017年9月26日

汚染ほだ木の林地還元実証試験について

実証試験の目的

  • 本市には、福島第一原子力発電所の事故により汚染され、使用できなくなったほだ木が1,195tあり、事故後6年が経過した現在においても、生産者それぞれがほだ場等に保管している状況にあります。
  • 本市といたしましては、保管している生産者の負担を軽減する事や原木しいたけの生産の再開や拡大を図るためには、汚染ほだ木を処理する事が必要であることから、粉砕・チップ化して林地に散布し、散布前と散布後の土壌の放射性セシウム濃度や空間放射線量を確認する実証試験を行い、土壌への安全性を確認したうえで林地還元による処理を推進することにしました。

林地散布実施日時

  • 平成29年3月16日(木曜日)午前8時30分から

実施場所

  • 登米市内市有林

区画

  • 試験区画1区画:100平方メートル
  • 対照区画1区画:100平方メートル

試験処理数

  • 汚染ほだ木370本(放射性セシウム測定値:74Bq/kg)

使用機械

  • モロオカ樹木破砕機MC-300D(1日リース対応)

実証試験の内容

  • 試験区画・対照区画の土壌の放射性セシウム濃度及び空間放射線量を測定

  • ほだ木370本を破砕機によりチップ化し、試験区画へ散布

  • 散布後の土壌の放射性セシウム濃度及び空間放射線量を測定

  • 以後、2ヶ月毎に土壌の放射性セシウム濃度及び空間放射線量を測定

  • 安全性の確認

hasai

kanryo

破砕機によりチップ化

林地還元完了

 

実証試験測定結果

区分

採取・

測定月

3月
(散布前)
3月
(散布後)
5月 7月 9月 11月

土壌の放射性
セシウム濃度
(Bq/kg)

試験区

287

205

192

230

213

 

対照区

361

245

350

312

 

空間放射線量
(µSv/h)

試験区

0.0750

0.0680

0.0690

0.0643

0.0590

 

対照区

0.0735

0.0743

0.0735

0.0628

 

※11月まで、2ヵ月毎の土壌の放射性セシウム濃度及び空間放射線量測定結果を公表します。

このページ内容に関するお問い合わせ先

産業経済部産業政策課 担当者:林業振興係

住所:〒987-0602 登米市中田町上沼字西桜場18番地

電話:0220-34-2716

ファックス:0220-34-2801

メールアドレス:sangyoseisaku@city.tome.miyagi.jp

ページの先頭へ戻る