本文へジャンプします。

  • foreign language
  • モバイルとめ
  • サイトマップ
文字サイズ
拡大
標準
縮小

  • トップページ
  • 市の紹介
  • 市のデータ
  • くらしのガイド
  • 観光・物産情報
  • 行政情報
トップ > くらしのガイド > 農業・林業 > 農地利用最適化推進委員の再募集について

ここから本文です。

更新日:平成29年8月14日

農地利用最適化推進委員の推薦・募集について(再募集・終了しました)

平成28年4月1日より、新たに農地等の利用の最適化を推進する「農地利用最適化推進委員」が設置され、改正された農業委員会等に関する法律に基づき、「農地利用最適化推進委員」を募集しましたが、応募定数を満たしたことから募集を終了としていました。

同時に公募を実施した「農業委員会委員」について、その候補者の選定を行い、市議会の同意を得て、「新農業委員会委員」の内定者が決定したことに伴い、「農業委員会委員」と「農地利用最適化推進委員」は兼務できないことから、「農地利用最適化推進委員」の第7地区(津山町横山の区域)、第8地区(東和町米川の地区)、第14地区(中田町浅水の区域)が応募者の空白の区域になりました。

また、農業委員会で行った農地利用最適化推進委員の候補者選考会で第6地区(津山町柳津の区域)が適任者無しとなり応募者の空白の区域になりました。

この4地区に限り平成29年8月14日まで再募集をします。

農地利用最適化推進委員の募集等(再募集・終了しました)

対象者

農地等の利用の最適化の推進に熱意と識見を有する者で、担当する区域内において、農地等の利用の最適化の推進のための活動ができる20歳以上(平成29年7月24日現在)の者

定数

  • 第6地区(津山町柳津の区域)1人
  • 第7地区(津山町横山の区域)1人
  • 第8地区(東和町米川の地区)1人
  • 第14地区(中田町浅水の区域)1人

応募資格

次のいずれかに該当する方は、応募できません。

  • 破産手続開始の決定を受けて復権を得ない者
  • 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまでまたはその執行を受けることがなくなるまでの者

応募方法

  • 自薦、または他薦(団体推薦または推薦日に20歳以上の者3人以上の連名による推薦)による。

規定の様式に必要書類を添えて、登米市農業委員会へ提出してください。

※規定の様式は、登米市農業委員会事務局、各総合支所で用意しています。また、登米市農業委員会ホームページに掲載しています。

候補者推薦用(個人)

候補者推薦用(法人・団体)

応募用

応募受付期限

平成29年8月14日(月曜日)まで

※ただし、応募が定数に満たない場合は、募集期間を延長します。(登米市農業委員会ホームページでお知らせします。)

応募状況の公表

応募受付期間中(平成29年8月1日ころ)及び期間終了後ホームページで公表します。その詳しい内容は次のとおりです。

推薦をする者(個人の場合)の氏名、職業、年齢及び性別
推薦をする者(法人または団体の場合)の名称、目的、代表者の氏名、構成員の数及び構成員たる資格
推薦を受けた者及び応募した者の氏名、職業、年齢、性別、経歴及び農業経営の状況
推薦または応募の理由
推薦を受けた者及び応募した者が農業委員・農地利用最適化推進委員の両方に推薦または応募しているか否かの別
推薦または応募する区域

選任の方法

農業委員会が農地利用最適化推進委員の候補者の選考を行い、農地利用最適化推進委員を決定し、委嘱します。

主な業務

  • 農地利用状況調査の実施
  • 利用意向調査の実施
  • 基盤強化法による担い手への集積の促進
  • 農業上の利用の確保(遊休農地、違反転用対策等)の指導
  • 農業経営の規模拡大の推進
  • 農地の集団化(中間管理機構との連携)の推進
  • 新規就農、新規参入の促進
  • 農家相談の実施
  • 担当区域の現場活動の実施
  • 各種会議、研修会等への出席

任期

委嘱日(平成29年8月を予定)から平成32年7月23日

身分

農地利用最適化推進委員の身分は非常勤特別職になります。

報酬

農地利用最適化推進委員の報酬は、月額46,000円

(登米市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例に基づく額)

 

 

 

 

 

このページ内容に関するお問い合わせ先

農業委員会事務局 

住所:〒987-0602 登米市中田町上沼字西桜場18番地

電話:0220-34-2317

ファックス:0220-34-4988

メールアドレス:noui@city.tome.miyagi.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る