本文へジャンプします。

  • foreign language
  • モバイルとめ
  • サイトマップ
文字サイズ
拡大
標準
縮小

  • トップページ
  • 市の紹介
  • 市のデータ
  • くらしのガイド
  • 観光・物産情報
  • 行政情報
トップ > 妊娠・出産 > 妊婦一般健康診査

ここから本文です。

更新日:

妊婦一般健康診査

登米市では、妊婦健康診査費用の助成をしております。

安心・安全な出産を迎えるために、定期的に妊婦健康診査を受診しましょう。

 

【助成回数】

14回

※母子健康手帳別冊内に妊婦健康診査受診票(助成券)が入っています。

※助成内容については下記別表をご覧ください。

 

【医療機関】

宮城県内指定医療機関

 

転入・転出した場合の受診票の取り扱いについて

【転入された方】

転入前に交付された妊婦健康診査受診票(助成券)が使用できません。

健康推進課または総合支所市民課健康づくり係で新たに妊婦健康診査受診票(助成券)の交付を受けてください。

※母子健康手帳と転入前に交付された妊婦健康診査受診票(助成券)をご持参ください。

 

【転出された方】

登米市で交付された妊婦健康診査受診票(助成券)が使用できません。

転出先で新たに交付を受けてください。

 

里帰り先妊婦健康診査助成事業

里帰り等で宮城県内指定医療機関以外の医療機関で妊婦健康診査を受診する際は、妊婦健康診査受診票(助成券)が使用できません。

登米市では、宮城県内指定医療機関以外の医療機関で妊婦健康診査を受診した方に、費用の助成を行っております。

※妊婦健康診査に要した費用(保険外診療)の一部(別表の助成限度額を上限)を払戻により助成します。

 

【必要書類】

  1. 未使用の妊婦健康診査受診票(助成券)
  2. 妊婦健康診査の受診状況が記載された母子健康手帳
  3. 医療機関が発行する領収書(原本)
  4. 振込先口座番号等がわかるもの(妊婦または産婦ご本人以外の方の口座へ振込を希望する場合は、妊婦または産婦ご本人からの委任状が必要となります。)
  5. 印鑑

 

【申請期限】

受診した日から6か月以内

 

 

【別表】

公費による助成は、表中の「助成限度額」を上限とし、限度額を上回った金額は妊婦の自己負担額となります。

内容

受診時期(妊娠週数)

助成上限額

初回

-

22,790円

2回目

12~15週

6,000円

3回目

16~19週

6,000円

4回目

20~23週

6,000円

5回目

24~25週

6,000円

6回目

26~27週

6,000円

7回目

28~29週

6,000円

8回目

30~31週

6,000円

9回目

32~33週

6,000円

10回目

34~35週

6,000円

11回目

36週

8,000円

12回目

37週

8,000円

13回目

38週

8,000円

14回目

39週

8,000円

 

 

 

 

このページ内容に関するお問い合わせ先

市民生活部健康推進課 

住所:〒987-0446 登米市南方町新高石浦130番地

電話:0220-58-2116

ファックス:0220-58-3345

メールアドレス:kenkosuisin@city.tome.miyagi.jp

ページの先頭へ戻る