本文へジャンプします。

  • foreign language
  • モバイルとめ
  • サイトマップ
文字サイズ
拡大
標準
縮小

  • トップページ
  • 市の紹介
  • 市のデータ
  • くらしのガイド
  • 観光・物産情報
  • 行政情報
トップ > くらしのガイド > 保健・福祉 > インフルエンザ情報

ここから本文です。

インフルエンザ情報

登米管内でのインフルエンザの流行が「注意報レベル」に拡大しています

インフルエンザは、例年12月から3月ころに流行します。インフルエンザは流行性があり、いったん流行すると短期間に多くの人へ感染が拡がります。

インフルエンザを予防するには、一人一人の予防が大切です。

今後、さらに県内全域において流行が拡大する可能性がありますので、下記の予防対策を徹底するとともに、38℃以上の発熱、咳、咽頭痛、頭痛、関節痛などの症状が見られた場合には、早期に医療機関を受診し、咳やくしゃみなどが出る場合は、感染が広がらないようマスクをするなどの咳エチケットを徹底されるようお願いします。

インフルエンザの予防対策

  1. 人混みはなるべく避けやむを得ず外出して人混みに入る可能性がある場合にはマスクを着用する。
  2. 外出後は石けんによる手洗い及びうがいをする。(アルコール製剤による手指消毒も効果的です。)
  3. 睡眠など休養をよく取り栄養に気を配る。
  4. 症状の重症化を避けるため無理をせず早めに医療機関を受診する。(抗インフルエンザウイルス薬は発症から48時間以内の使用が効果的です。)
  5. 乾燥しやすい室内では加湿器などを活用し適切な湿度(50~60%)を保つようにする。
  6. 「咳エチケット」を実施する。
    咳やくしゃみを他の人に向けて発しない。
    咳やくしゃみが出るときはできるだけマスクをする。
    咳やくしゃみをするときはティッシュやハンカチなどで口と鼻を覆う。
    ティッシュはその都度捨ててその後は手を洗う。

インフルエンザの発生情報

市内のインフルエンザの発生状況をお知らせします。

市内幼稚園、小学校、中学校の学級閉鎖等の状況(3月16日現在)

学校名 措置期間 学年・クラス 措置内容
米岡小学校 3月14日~3月16日 5年 学年閉鎖
登米高等学校 3月14日~3月16日 1年1組 学級閉鎖

市内の1定点医療機関当たりの患者数

期間

第10週

3月6日~3月12日

第9週

2月27日~3月5日

第8週

2月22日~2月28日

1定点医療機関

当たりの患者数(人)

20.80(注意報)

28.40(注意報)

23.20(注意報)

  1. 定点とは、感染症の発生を知るために一定の基準に従って患者数を報告している医療機関のことです。
  2. 定点当たりの患者数とは、1週間に1箇所の定点から、どのくらいの報告があったかを表す数値です。この数値が10を超えると注意報レベル、30を超えると警報レベルとなります。

宮城県感染症発生動向調査週報(外部サイトへリンク)

このページ内容に関するお問い合わせ先

市民生活部健康推進課 

住所:〒987-0446 登米市南方町新高石浦130番地

電話:0220-58-2116

ファックス:0220-58-3345

メールアドレス:kenkosuisin@city.tome.miyagi.jp

ページの先頭へ戻る