本文へジャンプします。

  • foreign language
  • モバイルとめ
  • サイトマップ
文字サイズ
拡大
標準
縮小

  • トップページ
  • 市の紹介
  • 市のデータ
  • くらしのガイド
  • 観光・物産情報
  • 行政情報
トップ > くらしのガイド > 保健・福祉 > 結核予防週間について

ここから本文です。

結核予防週間について

『それって、いつもの風邪ですか?』(平成29年度標語)

厚生労働省では、毎年9月24日から9月30日を「結核予防週間」と定めて、結核に関する正しい知識の普及啓発を図っています。

 

結核の現状

結核は過去の病気だと思われがちですが、日本では現在でも、毎年2,000人以上が亡くなっている恐い病気です。
ただし、早期に発見できれば、治療は短期間で済みます。

下のような症状がある場合などは、早めに受診しましょう。

結核の主な症状

感染を防ぐため、早期発見・早期治療が重要です。

  • せき・たんが2週間以上続く
  • 胸に痛みがある
  • 体重の減少が続く
  • 微熱が続く
  • 体がだるい

 

※より詳しい情報については下記リンクをご参照ください。

結核予防週間(公益財団法人結核予防会ホームページ)

http://www.jatahq.org/headquarters/index3.html

 

結核予防週間について(宮城県公式ウェブサイト)

http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/sd-hohuku/kekkaku-yobou.html

 

このページ内容に関するお問い合わせ先

市民生活部健康推進課 

住所:〒987-0446 登米市南方町新高石浦130番地

電話:0220-58-2116

ファックス:0220-58-3345

メールアドレス:kenkosuisin@city.tome.miyagi.jp

ページの先頭へ戻る