本文へジャンプします。

  • foreign language
  • モバイルとめ
  • サイトマップ
文字サイズ
拡大
標準
縮小

  • トップページ
  • 市の紹介
  • 市のデータ
  • くらしのガイド
  • 観光・物産情報
  • 行政情報
トップ > くらしのガイド > 移住・定住 > シティプロモーションの推進 > 登米市大学等フィールドワーク誘致促進事業補助金

ここから本文です。

登米市大学等フィールドワーク誘致促進事業補助金

登米市では、大学等が行うフィールドワークを通じて本市の魅力を体感していただくとともに、交流人口を拡大させ知名度や認知度の向上を図るため、その活動を支援します。

事業概要

対象となる事業

大学等の学生等で構成する団体(以下「団体」という。)が市内で行うフィールドワークとし、市内の宿泊施設に宿泊して行うものとします。

対象となる団体

市内の宿泊施設に5人以上宿泊する団体であること。

補助金の額等

宿泊した学生等の延べ人数に次に定める補助単価を乗じた額とします。

延べ人数 補助単価 補助限度額
5人から10人まで 5,000円 4万円
11人から20人まで 4,000円 7万円
21人以上 3,500円 10万円

事務手続き

交付の申請

団体の代表者は、事業を開始する日から起算して14日前までに交付申請書、事業計画書、その他市長が必要と認める書類を市長に提出するものとします。

交付の決定

市では、提出された交付申請書等の内容の審査を行い、補助金の交付の適否を決定します。補助金の交付を決定したときは、補助金等交付決定通知書により団体の代表者に通知します。

実績報告

団体の代表者は、事業が完了したときは、完了の日から30日後または事業実施年度の翌年度の4月15日のいずれか早い日までに実績報告書、事業実績内訳書、宿泊証明書、その他市長が必要と認める書類を市長に提出するものとします。

補助金の額の確定等

市では、提出された実績報告書等の内容を審査し、補助金の額を確定し、交付確定通知書により団体の代表者に通知します。

補助金の交付

団体の代表者は、交付請求書、その他市長が必要と認める書類を市長に提出するものとします。

書類の整備

団体の代表者は、事業の実施及び収支の状況に関する書類、帳簿等を常に整備し、事業実施年度の翌年度から5年間保存するものとします。

書類提出・お問い合わせ先

企画部企画政策課企画政策係
住所:〒987-0511登米市迫町佐沼字中江二丁目6番地1
電話:0220-23-7331
ファクシミリ:0220-22-9164
メールアドレス:tome-life@city.tome.miyagi.jp

補助金の手引き・申請様式など

アイコン5

補助金の手引き(PDF:623KB)

アイコン5

【様式第1号】交付申請書(ワード:24KB)

アイコン5

【様式第2号】事業計画書(ワード:33KB)

アイコン5

【様式第3号】実績報告書(ワード:24KB)

アイコン5

【様式第4号】事業実績内訳書(ワード:33KB)

アイコン5

【様式第5号】宿泊証明書(ワード:31KB)

 

アイコン5

【様式第7号】交付請求書(ワード:32KB)

 

アイコン5

登米市大学等フィールドワーク誘致促進事業補助金交付要綱(PDF:143KB)  

 

このページ内容に関するお問い合わせ先

企画部企画政策課 

住所:〒 987-0511 登米市迫町佐沼字中江二丁目6番地1

電話:0220-23-7331

ファックス:0220-22-9164

メールアドレス:tome-life@city.tome.miyagi.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る