本文へジャンプします。

  • foreign language
  • モバイルとめ
  • サイトマップ
文字サイズ
拡大
標準
縮小

  • トップページ
  • 市の紹介
  • 市のデータ
  • くらしのガイド
  • 観光・物産情報
  • 行政情報
トップ > くらしのガイド > 保健・福祉 > 子ども入院医療費助成制度について

ここから本文です。

子ども入院医療費助成制度について

子育て家庭における経済的負担を軽減し、子どもたちが健やかに成長するため、医療費助成を行っています。

助成対象

登米市にお住まいで、各種健康保険に加入している次の方です。

  • 児童・生徒を養育する保護者

※「児童・生徒」とは、7歳になった日の属する年度の初日から15歳になった日以降最初の3月31日までの間にあるお子さん。(小学生、中学生)

助成を受けられない場合

  • 他市町村助成制度の対象者
  • 生活保護を受けている世帯
  • 助成を受けようとする児童・生徒の保護者の所得が一定額以上であるとき

【所得制限限度額】

扶養親族の数

所得制限限度額

0人

3,401,000円

1人

3,781,000円

2人

4,161,000円

3人

4,541,000円

4人

4,921,000円

5人

5,301,000円

以下、扶養親族が1人増えるごとに38万円が加算されます。
上記所得額より、社会保険料控除として一律8万円が控除されます。
所得税法に規定する老人控除対象配偶者、老人扶養親族または特定扶養親族がある者の限度額は、上記の金額に当該老人控除対象配偶者または老人扶養親族1人につき10万円、特定扶養親族1人につき15万円を加算した額

※所得額は、毎年見直し、判定を行います。

助成範囲

対象となる児童・生徒が、平成21年7月1日以降に入院した際の自己負担額分(保険適用分)が助成されます。(平成27年9月30日までの入院にかかる自己負担額分まで)

※学校等でのケガなどによる災害共済給付が適用される医療費や入院時の食事療養費、診断書代、病衣代、差額室料などの保険診療以外のものは助成の対象となりません。

※高額療養費、付加給付金として支給される場合は、その額を差し引いて助成します。

助成方法

平成26年4月1日以降に入院した際、医療機関窓口での支払いが無料となる現物給付方式になります。

入院が決定したら各総合支所市民課に備え付けてある「子ども入院医療費受給資格登録申請書」を提出し、後日市から交付された「子ども入院医療費受給資格者証」を保険証とともに医療機関の窓口に提示すると、自己負担額が無料になります。ただし、受給資格者証を提示しなかった場合や県外の医療機関で受診した場合などは、これまでどおりの助成方法となります。

平成26年3月31日以前に入院し、自己負担額を医療機関窓口で支払った方は、各総合支所市民課に備え付けてある「子ども入院医療費助成申請書」を提出した後に、市から払い戻しされます。

※入院に係る医療費を支払った日から2年以内に申請してください。期間を超えた場合は助成の対象にはなりません。

※心身障害者医療費や母子・父子家庭医療費の助成を受けている小・中学生の方も対象となりますので、「子ども入院医療費受給資格登録申請書」と入院月数分の「医療費助成申請書」の両方の提出が必要です。

申請方法

下記の書類をお持ちのうえ、総合支所市民課で申請を行ってください。

  • 対象となる児童・生徒の健康保険証

※登米市国保および協会健保以外は事業所から「付加給付に関する証明」が必要になります。

  • 預金通帳(保護者名義のもの)
  • 印鑑
  • 前年1月1日に登米市外に居住していた場合は、前住所地の交付した所得証明書(扶養人数のわかるもの)が必要になります。
  • 助成申請書で提出する方は、医療機関の領収書または助成申請への証明

※保護者及びその配偶者が、その年(または前年)の1月1日に登米市外に居住していた場合は、前住所地の交付した所得証明書(扶養人数のわかるもの)が必要になります。

 

問い合わせ
市民生活部国保年金課
(南方庁舎)
0220-58-2166
迫総合支所市民課
0220-22-2226
登米総合支所市民課
0220-52-2111
東和総合支所市民課
0220-53-4112
中田総合支所市民課
0220-34-2313
豊里総合支所市民課
0225-76-4113
米山総合支所市民課
0220-55-2112
石越総合支所市民課
0228-34-2112
南方総合支所市民課
0220-58-2112
津山総合支所市民課
0225-68-3113

 

ページの先頭へ戻る