本文へジャンプします。

  • foreign language
  • モバイルとめ
  • サイトマップ
文字サイズ
拡大
標準
縮小

  • トップページ
  • 市の紹介
  • 市のデータ
  • くらしのガイド
  • 観光・物産情報
  • 行政情報
トップ > くらしのガイド > 保健・福祉 > 登米市地域医療見学プログラム

ここから本文です。

【随時受付中】『登米市地域医療見学プログラム』参加者募集

top

医療人が集う、まちづくりへの取り組み

2016年後半、登米市は来る『2020年東京オリンピック・パラリンピック』のボート、カヌー・スプリント競技会場の候補地として取り上げられました。

結果長沼ボート場を競技会場とする案は見送られることとなりましたが、これにより、東北、宮城県の登米市が全国の皆さんに知っていただけたのではないかと思っています。

本市は、東北地方にしては降雪も少なく比較的温暖な気候で、とても暮らしやすいまちです。昔から米作りのまちとして有名な地域ですが、畜産も盛んで、仙台牛として流通している登米牛をはじめ、高品質で新鮮な食材の宝庫としても知られています。

その登米市が重要課題として取り組んでいることのひとつに、地域包括ケア体制の構築があります。今後ますます進行する少子高齢化への対応策としての地域包括ケア、そしてその中核を成す医療人の招へい、育成が大きな課題となっています。そこで、本市は昨年に引き続き『登米市地域医療見学プログラム』を開催いたします。

食べてよし、見てよし、遊んでよし、そんな登米市を、「多職種協働」という名の“ボート”で体験してみませんか。同乗していただける医療人のご参加を心よりお待ちしております。

プログラムについて

宮城県北の中核病院である登米市民病院の見学はもちろん、市内開業医(在宅療養支援診療所)が行う訪問診療への同行や、老健施設の見学などさまざまなメニューがございます。

まずは登米市に見学に来ていただき、登米市の魅力をご覧ください。見学にお越しくださった方に沢山の学びや気付きを得ていただけるよう、対応させていただきます。

プログラム一覧表

下記プログラム一覧より、見学を希望されるものをお知らせください。

プログラム一覧表のダウンロード(PDF:188KB)

日程は参加を希望される方の都合にあわせて、午前のみ、午後のみ、その日のうちに帰宅したい、何日間か見学したいなど、

0泊1日から2泊3日まで対応します。(年末年始を除く)

また初めて登米市にいらっしゃる方へは、ご希望により市内観光地はもちろん地場産品を取り扱う食事処、景色のよい観光スポットの紹介もいたします。

登米市・宮城県の観光も兼ねていらしてはいかがでしょうか。

参加者の声

過去に「登米市地域医療見学プログラム」に参加された方の声を紹介します。

 

参加について

参加資格について

医師、医学生、コメディカルの方で

  • 農村部の地域医療充実のための取り組みにご興味のある方
  • 総合診療医(プライマリケア)を目指す方、働くことを希望する方
  • 登米市で働くことを検討されている方(登米市医療局のホームページ)

費用等について

登米市までの交通費・宿泊費・食費は自己負担になります。

見学時の移動及びJR東北新幹線くりこま高原駅までの送迎はいたします。また、自車でお越しになられても結構です。仙台駅から高速バスも出ております。

申込みについて

希望日の1ヶ月前までに、

1、希望日時

2、希望プログラム

3、氏名・連絡先

をメールまたは電話でご連絡ください。

下記のフォームから申し込みも可能です。

申込みフォーム(外部サイトへリンク)

申込みをいただいた後に、効率よく回れるよう見学日の予定表を事前に作成し、メール・FAXで配信いたします。

 

プログラムによっては日付により対応ができない場合や実施時間が変更になる場合がございます。

なお、希望日が1ヶ月以内の場合は電話にてご相談ください。

申込み・問い合わせ先

登米市市民生活部健康推進課地域包括ケア推進係

佐々木・菅原まで

電話は月曜日から金曜日の8時30分から17時15分まで、メールは随時受け付けます。
電話番号:0220-58-2116
メールアドレス:kenkosuisin@city.tome.miyagi.jp

 

 

 

このページ内容に関するお問い合わせ先

市民生活部健康推進課 

住所:〒987-0446 登米市南方町新高石浦130番地

電話:0220-58-2116

ファックス:0220-58-3345

メールアドレス:kenkosuisin@city.tome.miyagi.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る