本文へジャンプします。

  • foreign language
  • モバイルとめ
  • サイトマップ
文字サイズ
拡大
標準
縮小

  • トップページ
  • 市の紹介
  • 市のデータ
  • くらしのガイド
  • 観光・物産情報
  • 行政情報
トップ > くらしのガイド > 生活・環境 > 下水道について

ここから本文です。

下水道について

下水道の使用料(1カ月当たり)

区分

排出汚水量
(単位:立方メートル)

料金

基本料金

10以下

1,543円

従量料金

(単位:1立方メートルにつき)

11~20

154円

21~50

165円

51~200

170円

201~

175円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(公共下水道、農業集落排水、浄化槽、いずれも同じ料金です)

下水道使用料収納のお問い合わせは登米市水道お客様センターとなります詳しくはこちらをご覧ください。(外部サイトへリンク)

汚水量の算定は次のとおり区分されます。

  1. 水道水のみの場合・・・・・・・水道の使用水量
  2. 水道水以外(井戸水など)の場合
    1)メーター器あり・・・・・・・使用水量
    2)メーター器なし・・・・・・・認定汚水量
  3. 水道水と水道水以外を併用の場合
    1)メーター器あり・・・・・・・水道の使用量と水道水以外の使用量の合算した水量
    2)メーター器なし・・・・・・・認定汚水量

    ※認定汚準水量の決定には、「排水汚水量申告書」の届出が必要になります。

下水道事業受益者負担金(分担金)

【負担金(分担金)とは】

下水道を整備するには、多くの建設資金と長い年月を要します。下水道は道路や公園のように誰もが利用できるものではなく、整備された区域の人しか利用できません。下水道を市民の皆さんからいただく税金だけでつくったのでは、まだ整備されていない区域に住んでいる方々にとって、大変不公平になります。整備によってその利益を受ける区域の土地所有者などに事業費の一部を負担していただき、市と受益者が一体となって下水道事業を一日も早く整備しようというのが受益者負担金(分担金)の制度です。

【負担金(分担金)額】

1)公共下水道事業
・平成16年度工事が完了した区域で賦課公告のあったものについては、合併前の賦課基準による。
・平成17年度に工事完了した区域で賦課公告のあったものについては、新たな賦課基準による。
※詳しくは下水道課までお問い合わせください。
2)農業集落排水事業
分担金一覧表(PDF:74KB)
3)合併処理浄化槽
・113,000円/戸
【納付方法】
・一括納付負担金(分担金)の全額を、賦課初年度の第1期分の納期までに一括で納付。
・分割納付負担金(分担金)を5年20期に分割し、年4回期別の納期限までに分割で納付。

【納期限】

第1期 7月1日~7月31日
第2期 9月1日~9月30日
第3期 11月1日~11月30日
第4期 1月4日~1月31日

下水道処理区域

下水道が整備され使用できる区域になると、くみ取り便所は3年以内に水洗便所にするよう義務づけられています。処理可能区域は、随時、お知らせします。

水洗便所など改造資金融資あっせん制度

水洗化しようとする方の負担軽減のため、市では費用の融資あっせんをしています。供用開始後5年間まで、本来、金融機関から融資を受ける方が支払うべき利息を市が負担することで、実質的に無利子で借りることができる制度です。工事の申し込みのときに業者へお申し出ください。

ただし、宅内排水設備工事費補助金を受けた方は、その金額を差し引いた金額が融資限度となります。

供用開始後1年以内に改造などをする方 120万円以内
供用開始後2年以内に改造などをする方 90万円以内
供用開始後3年以内に改造などをする方 70万円以内
供用開始後3年を超え5年以内に改造などをする方 50万円以内

宅内排水設備工事補助金

宅内排水設備工事を行うときに、下記の条件を満たしていれば、宅内配管の延長が枝管を除いて30mを超える場合、超えた分1mあたり5,000円補助金を受けることができます(上限300,000円)。

  • 公共ます設置の翌年度から5年以内であること
  • 負担金や分担金、市税の滞納が無いこと

集会施設環境改善事業補助金

集会施設のくみ取り便所を水洗便所に改造または排水設備の設置等に要する経費の一部を補助します。

  • 市内にある集会施設の施設設置管理者で水洗便所へ改造使用とする方。
  • 屋内排水工事として一律30万円、屋内排水設備1m当たり5,000円とし、それぞれの合計額を補助※上限50万円

生活扶助世帯に対する水洗便所設置費補助金

生活扶助世帯の所有する建築物の排水設備及びくみ取り便所を水洗便所に改造する場合、必要な経費を補助します。

  • 生活保護法の規定に基づく生活扶助を受けている世帯。
  • 生活扶助世帯の申請に基づき、市が当該世帯に代行して工事を発注し、完成したときは市が費用を支払います。

下水道工事は登米市排水設備工事業者(公認業者)で!

下水道の新設、増築、改造、修繕などの工事は、市で指定された業者以外は行うことができません。
排水設備など工事は、「登米市排水設備工事業者(公認業者)【市内】(PDF:171KB)」「登米市排水設備工事業者(公認業者)【市外】(PDF:153KB))へお申し込みください。

問い合わせ
下水道課(中田庁舎)
0220-34-2359

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る