本文へジャンプします。

  • foreign language
  • モバイルとめ
  • サイトマップ
文字サイズ
拡大
標準
縮小

  • トップページ
  • 市の紹介
  • 市のデータ
  • くらしのガイド
  • 観光・物産情報
  • 行政情報
トップ > 登米キッズページ > とめしってどんなところ?
  • トップへもどる
  • とめしってどんなところ?
  • しやくしょのしくみとしごと
  • まもっていきたいとめのしぜん
  • とめのじまん
  • とめのれきし
  • とめしクイズ
  • しぎかいガイド
  • バーチャルしょうぼうけんがく

ここから本文です。

登米市(とめし)ってどんなところ?

位置(いち)

 登米市は、宮城県(みやぎけん)の北東部(ほくとうぶ)に位置(いち)します。北(きた)は岩手県(いわてけん)、西(にし)は栗原市(くりはらし)、南(みなみ)は遠田郡(とおだぐん)及(およ)び石巻市(いしのまきし)、東(ひがし)は本吉郡(もとよしぐん)に接(せっ)しています。登米市役所(しやくしょ)のある迫町(はさまちょう)から、周辺(しゅうへん)の主要(しゅよう)な都市(とし)への直線(ちょくせん)距離(きょり)は、仙台市(せんだいし)までが70キロメートル、大崎市(おおさきし)古川(ふるかわ)までが25キロメートル、石巻市(いしのまきし)までが30キロメートル、一関市(いちのせきし)までが30キロメートルとなっています。

面積(めんせき)

 登米市の面積(めんせき)は536.12平方(へいほう)キロメートルで、宮城県(みやぎけん)全体(ぜんたい)の7.36%(パーセント)を占(し)め、栗原市(くりはらし)、大崎市(おおさきし)、仙台市(せんだいし)、石巻市(いしのまきし)に次(つ)いで県内(けんない)第(だい)5位(い)の広さです。同(おな)じような大(おお)きさの国(くに)に、グアム(約540平方キロメートル)があります。また、日本(にほん)の都市(とし)では、福井県(ふくいけん)福井市(ふくいし)(536.17平方キロメートル)や、兵庫県(ひょうごけん)姫路市(ひめじし)(534.44平方キロメートル)とほぼ同(おな)じ面積(めんせき)です。

地形(ちけい)

 西部(せいぶ)は丘陸地(きゅうりょうち)、北上川(きたかみがわ)左岸(さがん)の東部(とうぶ)は山間地(さんかんち)、その間(あいだ)に宮城県(みやぎけん)有数(ゆうすう)の穀倉(こくそう)地帯(ちたい)を形成(けいせい)する豊(ゆた)かな登米耕土(とめこうど)が広(ひろ)がっており、宮城米(みやぎまい)「ササニシキ、ひとめぼれ」の主産地(しゅさんち)として有名(ゆうめい)な地域(ちいき)です。迫川(はさまがわ)、夏川(なつかわ)が市(し)のほぼ中央(ちゅうおう)を北西(ほくせい)から東南(とうなん)に流れ、東側(ひがしがわ)を北(きた)から南(みなみ)に流(なが)れる北上川(きたかみがわ)と旧北上川(きゅうきたかみがわ)を介(かい)して合流(ごうりゅう)しており、農業用水(のうぎょうようすい)や上水道(じょうすいどう)の水源(すいげん)になっています。西部(せいぶ)には白鳥(はくちょう)、ガンなどが飛来(ひらい)するラムサール条約(じょうやく)指定(してい)登録(とうろく)湿地(しっち)の伊豆沼(いずぬま)・内沼(うちぬま)などがあります。さらに南東部(なんとうぶ)には南三陸(みなみさんりく)金華山(きんかさん)国定(こくてい)公園(こうえん)の一部(いちぶ)を有(ゆう)するなど、自然(しぜん)に恵(めぐ)まれた『水(みず)の里(さと)』らしさを形成(けいせい)しています。

登米市のシンボル(とめしのしんぼる)

市章(ししょう)

 登米市の頭文字(かしらもじ)、ひらがなの『と』をモチーフにしています。「水(みず)・緑(みどり)・太陽(たいよう)」、「豊(ゆた)かな実(みの)り」、「元気(げんき)な市民(しみん)」をイメージするとともに、未来(みらい)に向(む)かって飛翔(ひしょう)・発展(はってん)する登米市、登米市民(しみん)を力強(ちからづよ)く表現(ひょうげん)しています。

登米市の花鳥木(かちょうぼく)

  • 市の花(はな)「さくら」

     「さくら」は、公園(こうえん)、学校(がっこう)、寺社(じしゃ)など、登米市内のいたるところで見(み)られ、名所(めいしょ)も多(おお)い花(はな)です。春(はる)を告(つ)げる花(はな)として、世代(せだい)を超(こ)えて親(した)しまれていることから、「さくら」を市(し)の花(はな)としました。

  • 市の鳥(とり)「はくちょう」

     「はくちょう」は、伊豆沼(いずぬま)をはじめ、登米市内(しない)各地(かくち)に飛来(ひらい)する鳥(とり)です。冬(ふゆ)の使者(ししゃ)として、また、家族(かぞく)や仲間(なかま)の絆(きずな)を大切(たいせつ)にする鳥(とり)としても知(し)られており、登米市の自然(しぜん)・環境(かんきょう)保護(ほご)の象徴(しょうちょう)として、「はくちょう」を市(し)の鳥(とり)としました。

  • 市の木(き)「すぎ」

     「すぎ」は、里山(さとやま)や寺社(じしゃ)、いぐねなど、身近(みぢか)に生育(せいいく)し、地域産材(ちいきさんざい)として広(ひろ)く知(し)られています。まっすぐ伸(の)びる姿(すがた)を登米市の発展(はってん)に重(かさ)ね合(あ)わせ、「すぎ」を市(し)の木(き)としました。

ページの先頭へ戻る