本文へジャンプします。

  • foreign language
  • モバイルとめ
  • サイトマップ
文字サイズ
拡大
標準
縮小

  • トップページ
  • 市の紹介
  • 市のデータ
  • くらしのガイド
  • 観光・物産情報
  • 行政情報
トップ > 行政情報 > 登米市の各種計画 > 環境マネジメントシステム

ここから本文です。

登米市環境マネジメントシステム

市では、2008年6月1日に「登米市環境マネジメントシステム」を導入しました。

本市の環境マネジメントシステムは、ISO14001の認証は受けませんが、ISO14001の規格に基づいて構築し、環境に配慮した取り組みについて計画(Plan)を立て、実施(Do)し、適切に運用されているか点検(Check)し、改善が必要な点を見直す(Action)という一連の流れを繰り返しながら、環境への負荷を継続的に低減していきます。

なお、市長が2008年10月1日に市が取り組む環境保全に関する姿勢及び環境マネジメントシステムについての基本的な考え方を示した「環境方針」を次のとおり定めました。市では、この方針の実現を目指して環境目的・目標を設定し、登米市環境マネジメントシステムの運用を本格的に開始しています。

環境方針

1.基本理念

今日の資源やエネルギーを大量に消費する社会経済システムは、便利で豊かな生活をもたらした反面、地球温暖化やエネルギー資源の枯渇など地球規模での環境問題を引き起こしています。これらの環境問題が私たち自身の日常生活や生産活動によってもたらされていることはまぎれもない事実であり、今やすべての人々が環境に配慮したライフスタイルへの転換が早急に求められています。

私たちは、かけがえのない自然を守り、豊かな自然環境を次の世代に引き継ぐ責務を担っています。そのためには、これまでのライフスタイルを見直し、環境に配慮した具体的な行動を起こすことが必要です。

こうしたことから、登米市は行政としての先導的な役割の重要性を深く認識し、ISO14001に準拠した本市独自の環境マネジメントシステムを構築、運用し、積極的な環境対策に取り組みながら、登米市総合計画に掲げられた「人と自然が共生するうるおいのあるまちづくり」の実現を目指します。

2.基本方針

1.環境に配慮した事務事業推進のため、以下の項目について重点的に取り組みます。

  (1)省エネルギー、省資源の推進
(2)ゴミの減量化及びリサイクルの推進
(3)大気汚染の防止
(4)きれいな水環境の確保
(5)騒音の防止
(6)環境配慮型公共工事の推進
(7)グリーン購入の推進
(8)市民の環境意識の向上

2.システムの継続的な改善を行い、環境への負荷低減に努めます。

登米市が行う事務事業において環境に与える影響を調査し、環境への負荷低減を図るための環境目的、目標を定め、定期的な見直しを行いながら、システムの継続的な改善を図り、環境汚染の予防に努めます。

3.環境に関する法令等を遵守します。

環境に関係する法令や協定等を遵守し、環境保全に努めます。

4.職員の環境教育を実施します。

全職員の環境方針の理解と環境保全に対する意識の向上を図るため、継続的に環境教育を実施します。

5.環境方針を広く一般に公開します。

環境方針は、全職員に周知するとともに、広く一般に公開します。

平成20年10月1日

登米市長布施孝尚

 

 

参考登米市環境マネジメントシステムの概要(PDF:155KB)

参考登米市環境マネジメントシステム環境目的・目標一覧表(PDF:125KB)

このページ内容に関するお問い合わせ先

市民生活部環境課 

住所:〒987-0446 登米市南方町新高石浦130番地

電話:0220-58-5553

ファックス:0220-58-3345

メールアドレス:kankyo@city.tome.miyagi.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る