本文へジャンプします。

  • foreign language
  • モバイルとめ
  • サイトマップ
文字サイズ
拡大
標準
縮小

  • トップページ
  • 市の紹介
  • 市のデータ
  • くらしのガイド
  • 観光・物産情報
  • 行政情報
トップ > 行政情報 > 監査委員事務局 > 監査の種類

ここから本文です。

監査の種類

監査

  1. 定期監査
    登米市の財務事務、企業会計(病院事業・水道事業)について適正に行われているかを主眼として毎年実施します。(地方自治法第199条第4項)
  2. 随時監査
    監査委員が必要と認める場合実施します。(地方自治法第199条第5項)
  3. 行政監査
    登米市の事務の執行が適正に行われているかを主眼として、監査委員が必要と認める場合に実施します。(地方自治法第199条第2項)
  4. 住民監査請求に基づく監査
    住民から提出された監査請求の内容について実施します。(地方自治法第242条)
  5. その他
    財政援助団体の監査や市長・議会・市民の要求に基づく監査等があります。

検査

  1. 例月出納検査
    会計管理者、企業管理者の保管する現金残高、関係帳簿等を毎月1回検査を実施します。(地方自治法第235条の2第1項)

審査

  1. 決算審査
    決算、その他の関係諸表の正確性を検証し、また、予算執行が適正かつ効率的に行われているかを審査します。(地方自治法第233条第2項・公営企業法第30条第2項)
  2. 基金の審査
    基金の運用状況を示す書類の正確性を検証し、また、基金が適正かつ効率的に運用されているか等を審査します。(地方自治法第241条第5項)

ページの先頭へ戻る