本文へジャンプします。

  • foreign language
  • モバイルとめ
  • サイトマップ
文字サイズ
拡大
標準
縮小

  • トップページ
  • 市の紹介
  • 市のデータ
  • くらしのガイド
  • 観光・物産情報
  • 行政情報
トップ > くらしのガイド > 生活・環境 > 市の環境 > アメリカシロヒトリの駆除について

ここから本文です。

アメリカシロヒトリの駆除について

アメリカシロヒトリは、サクラやクルミ、桑などの樹木や庭木に大きな被害を与える害虫です。

本年も6月上旬から7月中旬(1回目)にかけて、樹木への被害が見受けられております。

また、8月上旬から9月中旬(2回目)にも発生が予想されますので樹木を所有する皆さんは、樹木の点検をお願いします。

食害が発生した場合は、所有者が責任を持って防除し、被害を拡大させないようにお願いします。

 

発生情報

発生時期

年2回(6月上旬から7月中旬、8月上旬から9月中旬)

巣の見つけ方

サクラ、ウメ、クルミ、クワ、ハナミズキ、プラタナスなどの落葉樹に好んで産卵し、幼虫は吐いた糸で作った巣に約1週間集まっています。

巣の中の幼虫は、葉を食べて食害するため、葉が茶色に変色して見えます。⇒この時期に枝葉ごと切り取り処分してください。

アメリカシロヒトリ(巣網)

効果的な防除方法

捕殺防除(基本防除)

巣を見つけた場合は、巣網を高枝切りばさみなどで枝葉ごと切り取り、踏みつぶしてください。

また、切り取った枝を「燃えるごみ指定袋」に入れて、指定日に出していただき、クリーンセンターで焼却することもできます。

高枝切りばさみによる駆除

薬剤防除

「枝葉の切り取り」による早期駆除を基本としますが、幼虫が拡散してしまった場合などは、必要最小限の殺虫剤(環境にやさしい「BT剤」)の散布で駆除をおこないます。
※BT剤とは、環境にやさしい生物薬剤であり、人や家畜にほとんど影響を及ぼすことがないため、安心して使用できます。

無料で防除用機械等を貸出します

市では、行政区や公衆衛生組合等で地域共同防除を行う場合、無料で防除用機械(高枝切りばさみや動力噴霧器等)を貸出します。

防除用機械は、各総合支所に備え付けておりますので、各総合支所市民課へ申請をお願いします。

このページ内容に関するお問い合わせ先

市民生活部環境課 担当者:生活環境係

住所:〒987-0446 登米市南方町新高石浦130番地

電話:0220-58-5553

ファックス:0220-58-3345

メールアドレス:kankyo@city.tome.miyagi.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る