本文へジャンプします。

  • foreign language
  • モバイルとめ
  • サイトマップ
文字サイズ
拡大
標準
縮小

  • トップページ
  • 市の紹介
  • 市のデータ
  • くらしのガイド
  • 観光・物産情報
  • 行政情報
トップ > 行政情報 > 市の取り組み > 市民意見公募手続(パブリックコメント) > 登米市まちづくり基本条例(案)に対する意見公募の結果

ここから本文です。

登米市まちづくり基本条例(案)に対する意見公募の結果

平成23年12月7日から平成24年1月6日までの間、市民を対象に「登米市まちづくり基本条例(案)」に対する意見募集を行ったところ、3件のご意見をいただきました。

その意見および意見に対する考え方は下記のとおりですが、番号「4」については、別添の「条文の修正意見に対する考え方」を作成しましたので、ご覧ください。

また、ご意見をふまえた条例(案)も掲載しましたので、併せてご覧ください。

なお、この結果については、このホームページのほか、各総合支所市民課でもご覧いただけます。 

番号

意見内容

意見に対する考え方

1

 社会体育における体育協会のあり方に対する意見。

(意見概要)

1.体育協会の独立運営を。

2.市内体育施設を体育協会へ運営委託し、体協指導者の育成やスポーツの振興を。

 条例の目的は、登米市のまちづくりについての基本的な事項を定めるものです。

 ご意見については、具体的に体育協会などのあり方等に対するものであるため、関係部署に情報を提供し、今後の取組みの参考とさせていただきます。

2

 地域コミュニティの役割を制定してはどうでしょうか。

 行政区コミュニティは、ますます高齢化が進展し、機能が果たせなくなるとともに、人材の確保等にも問題を抱えることになるのではないでしょうか。現在、小学校を単位とした地域コミュニティを中心として指定管理者制度が推進されているなど、今後、地域のことは地域で考え地域の拠り所として、公民館を中心とした地域課題・解決が進むものと考えられる。重要な役割を担っているのではないでしょうか。一考を。

 条例(案)では、第2条(5)において行政区、自治会および地区コミュニティ等を「コミュニティ組織等」と定義しています。

 まちづくりを進めるうえでは、コミュニティ組織等が果たす役割が重要であることから、第12条(注1)でコミュニティ組織等の役割や、地域住民が結びつきを深め、地域の課題などの解決に向けた「地域の計画づくり」などを規定しています。

 (注1)市民意見公募手続実施中は、コミュニティ組織等を「第11条」に規定していましたが、検討を重ねた結果、「第12条」に変更しました。

3

 対話の場について制定してはどうでしょうか。

 市民の情報交換や意見交換、学習機会となる対話の場を条文化することにより、それぞれの課題を共有し、お互いの立場を理解することができるものと考えます。一考を。

 条例(案)では第7条において、市民の主体的なまちづくりへの参加または参画を規定しています。また、第10条、第12条(注2)においても市民の参加・参画を規定しています。

 いずれも、市民がまちづくりに積極的に関わり、市民の声を反映させるため、市民が主体的に加わることを表しています。

 この参加・参画を通して、市民同士の意見交換や情報交換が促進されることから、対話の場が形成されるものと考えております。

 (注2)市民意見公募手続実施中は、コミュニティ組織等を「第11条」に規定していましたが、検討を重ねた結果、「第12条」に変更しました。

4

 条文の修正が必要であると考えます。一考を

 ご意見をふまえ、別添のとおり「条文の修正意見に対する考え方」を作成しました。

 また、ご意見をふまえ、条例(案)を追加・修正しました。

別添資料

このページ内容に関するお問い合わせ先

企画部市民協働課 

住所:〒 987-0511 登米市迫町佐沼字中江二丁目6番地1

電話:0220-22-2173

ファックス:0220-22-9164

メールアドレス:shiminkyodo@city.tome.miyagi.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る