本文へジャンプします。

  • foreign language
  • モバイルとめ
  • サイトマップ
文字サイズ
拡大
標準
縮小

  • トップページ
  • 市の紹介
  • 市のデータ
  • くらしのガイド
  • 観光・物産情報
  • 行政情報
トップ > ふるさとライブラリー > 広報ミニ展示室 > 登米地域の師走の伝統行事

ここから本文です。

登米地域の師走の伝統行事

かつては12月になると1年の締めくくりとして、母親の労をねぎらう「おかの年越し」や権現(ごんげん)様を祝いこの日に嫁を実家に帰す「権現様のとしとり」、山の神様を祝った「山の神のとしとり」などの行事が行われていました。
おもしろい行事では、使用人が家主から御馳走(ごちそう)をしてもらい実家に帰る「ぼんだし餅」、大黒様を大根で祭った「大根の女むかい」などがあります。
写真は豊里のお蒼前(そうぜん)様。
これは馬を祭った神様で12月17日に「馬のとしとり」といって餅をついてお蒼前様に供え、馬にも餅を食べさせたそうです。
現在の私たちも家族や周囲の人に感謝をして1年を締めくくりたいものですね。

ページの先頭へ戻る