本文へジャンプします。

  • foreign language
  • モバイルとめ
  • サイトマップ
文字サイズ
拡大
標準
縮小

  • トップページ
  • 市の紹介
  • 市のデータ
  • くらしのガイド
  • 観光・物産情報
  • 行政情報
トップ > ふるさとライブラリー > 広報ミニ展示室 > 疎開学童小張丸吉画帳

ここから本文です。

疎開学童小張丸吉画帳

戦争末期、登米地域に集団疎開(そかい)してきた学童数は把握できているだけで1533人(杉並区立郷土博物館調べ)。
疎開したといっても、当時は食糧難で雑草を食べるほど深刻でした。
写真は、疎開学童が東京に帰ることになった昭和20年の秋、当時米谷町(現東和町米谷)に疎開していた小張丸吉(まるきち)さん(当時13歳)が、思い出の情景や生活の様子を書き残したものです。

ページの先頭へ戻る