本文へジャンプします。

  • foreign language
  • モバイルとめ
  • サイトマップ
文字サイズ
拡大
標準
縮小

  • トップページ
  • 市の紹介
  • 市のデータ
  • くらしのガイド
  • 観光・物産情報
  • 行政情報
トップ > ふるさとライブラリー > 広報ミニ展示室 > 武具に見られる文様② 菖蒲(しょうぶ)紋

ここから本文です。

武具に見られる文様② 菖蒲(しょうぶ)紋

菖蒲(しょうぶ)は、男子の健康と成長を願う端午の節句で、菖蒲湯や菖蒲刀など魔除け・厄払いに使われてきた植物です。
武具に見られる文様としては、各地で展示されている甲冑などを見ると、多くの武具に小さく描かれた菖蒲紋が使われています。
この文様は武芸に励み上達を願う「尚武(しょうぶ)」、争いごとに勝つ「勝負」の意味から、甲冑などの武具に文様として取り入れられたものです。
戦に生きる時代の作る人と身につける人の両者の願いが込められているようです。

ページの先頭へ戻る