本文へジャンプします。

  • foreign language
  • モバイルとめ
  • サイトマップ
文字サイズ
拡大
標準
縮小

  • トップページ
  • 市の紹介
  • 市のデータ
  • くらしのガイド
  • 観光・物産情報
  • 行政情報
トップ > ふるさとライブラリー > 広報ミニ展示室 > 伊達慶邦筆(こころだに)

ここから本文です。

伊達慶邦筆(こころだに)

「こころだに 我ままならぬ 世の中に 人のそむくは とがならんこそ」。
この書は伊達慶邦の書で、「明治維新で賊軍の汚名をもらった自分であるが、決して皇室に対して背く不忠の心ではなく、徳川家への恩義友誼(ゆうぎ)を通したまでのこと。
わたしに背いたものも少なくなかったが、波乱の世の中にあって、自分の思うままにならぬものが多いのが当然で、罪人として裁かれたる者は不運というよりほかない」と、激動の当時の世を歌い上げています。

ページの先頭へ戻る