本文へジャンプします。

  • foreign language
  • モバイルとめ
  • サイトマップ
文字サイズ
拡大
標準
縮小

  • トップページ
  • 市の紹介
  • 市のデータ
  • くらしのガイド
  • 観光・物産情報
  • 行政情報
トップ > ふるさとライブラリー > 広報ミニ展示室 > 佐沼亘理家の享保雛

ここから本文です。

佐沼亘理家の享保雛

佐沼亘理家のひな人形は、享保年間(1716~36)に流行したものです。
男雛(びな)は両袖が張られ足の裏を合わせており、女雛(びな)は宝冠(ほうかん)を付け、五衣(いつつぎぬ)・唐衣(からころも)姿でひざがふっくらしているなど、いずれも「享保雛(きょうほびな)」の特徴を表しています。
写実的な面持ちと精巧なつくり、かさねの色目、刺繍(ししゅう)の文様(もんよう)、道具の飾りなどすべてが、女児の幸福を願う「めでた尽くし」に仕上がっています。

ページの先頭へ戻る