本文へジャンプします。

  • foreign language
  • モバイルとめ
  • サイトマップ
文字サイズ
拡大
標準
縮小

  • トップページ
  • 市の紹介
  • 市のデータ
  • くらしのガイド
  • 観光・物産情報
  • 行政情報
トップ > ふるさとライブラリー > 広報ミニ展示室 > イノシシ型土製品(坂戸遺跡)

ここから本文です。

イノシシ型土製品(坂戸遺跡)

食害などが取り上げられているイノシシですが、古くは人との関係も良好なものでした。
写真は迫町新田の坂戸遺跡から出土したイノシシ型土製品で、約3,500年前の縄文時代後期のものです。
体の側面にある模様は、イノシシの子どもを表現したものと考えられます。
なぜ縄文人はこのような土製品を作ったのでしょうか。
イノシシの持つ生命力と多産ということが、狩猟の豊猟と安全を願う観念に強く結びついたためといわれ、単なる食料としてではなく、特別な存在だったようです。

ページの先頭へ戻る