本文へジャンプします。

  • foreign language
  • モバイルとめ
  • サイトマップ
文字サイズ
拡大
標準
縮小

  • トップページ
  • 市の紹介
  • 市のデータ
  • くらしのガイド
  • 観光・物産情報
  • 行政情報
トップ > ふるさとライブラリー > 広報ミニ展示室 > 広報紙と地域の歴史

ここから本文です。

広報紙と地域の歴史

「アーカイブズ」という言葉を知っていますか。
これは、文書を歴史資料・文化資料として保存・管理・閲覧できる「文書館」や「公文書館」をいいます。
行政文書や地図など、当時の様子を記録した文書が保管の対象となります。
皆さんが身近で読んでいる広報紙。
最初は公民館だよりとしてスタートした地区が多かったようですが、昭和30年代から40年代にかけて、各町の出来事などをお知らせする「広報紙」として発行されるようになりました。
現在は当時の生活を知る貴重な資料となっています。

ページの先頭へ戻る