本文へジャンプします。

  • foreign language
  • モバイルとめ
  • サイトマップ
文字サイズ
拡大
標準
縮小

  • トップページ
  • 市の紹介
  • 市のデータ
  • くらしのガイド
  • 観光・物産情報
  • 行政情報
トップ > ふるさとライブラリー > 広報ミニ展示室 > 青島貝塚の人骨(南方町)

ここから本文です。

青島貝塚の人骨(南方町)

南方歴史民俗資料館には、南方町青島屋敷にある青島貝塚から出土された、約4,000年前の縄文時代の人骨が展示されています。
青島貝塚の存在は古くから知られており、大正8年に東北帝大(現東北大)松本彦七郎(ひこしちろう)教授によって発掘調査が行われ、14体の人骨が発見されました。
その後、昭和44年と45年に宮教大の平重道教授により再び発掘調査が行われ、縄文土器や貝類、鳥獣骨、石器のほか、新たに9体の人骨が発見されました。
展示されているのはそのうちの1体で、人骨は熟年の成人男性であったと考えられています。

ページの先頭へ戻る