本文へジャンプします。

  • foreign language
  • モバイルとめ
  • サイトマップ
文字サイズ
拡大
標準
縮小

  • トップページ
  • 市の紹介
  • 市のデータ
  • くらしのガイド
  • 観光・物産情報
  • 行政情報
トップ > ふるさとライブラリー > 広報ミニ展示室 > ガラス絵(東和町・不老仙館)

ここから本文です。

ガラス絵(東和町・不老仙館)

別名を「びいどろ絵」といい、板ガラスの裏面に膠(にかわ)や油を媒材(ばいざい)とする絵の具で左右の向きを反対にして絵を描いたものです。
発色が良く、色あせず、ほこりで絵が汚れても手入れがしやすいという利点があります。
明治時代につくられた江戸・東京系のもので、泥絵の具を使っているとも考えられています。
不老仙館には幕末から明治までの美術工芸品、全国に名をはせた文人の作品も展示されています。

ページの先頭へ戻る