本文へジャンプします。

  • foreign language
  • モバイルとめ
  • サイトマップ
文字サイズ
拡大
標準
縮小

  • トップページ
  • 市の紹介
  • 市のデータ
  • くらしのガイド
  • 観光・物産情報
  • 行政情報
トップ > ふるさとライブラリー > 広報ミニ展示室 > 山根前(やまねまえ)横穴墓群(よこあなぼぐん)出土玉類

ここから本文です。

山根前(やまねまえ)横穴墓群(よこあなぼぐん)出土玉類

山根前横穴墓群(石越町)は、昭和27年に宅地造成を目的とした開発行為で発見。
全部で10基の横穴墓があり、玉類(ぎょくるい)や鉄製品類、土器類などが出土しています。
玉類にはガラス玉や水晶製の切子玉、ヒスイ、メノウなどでできた勾玉(まがたま)などがあります。
ガラス玉には、紺・青・黄・緑色などの単色ガラスのみで作られたものと複数の色ガラスを組み合わせたもの(トンボ玉)があり、トンボ玉は全部で9点出土しています。

ページの先頭へ戻る