本文へジャンプします。

  • foreign language
  • モバイルとめ
  • サイトマップ
文字サイズ
拡大
標準
縮小

  • トップページ
  • 市の紹介
  • 市のデータ
  • くらしのガイド
  • 観光・物産情報
  • 行政情報
トップ > ふるさとライブラリー > ふるさと訪ねある記 > 【中田町エリア】かがの公園の浮石

ここから本文です。

【中田町エリア】かがの公園の浮石

中田町加賀野地区にある「かがの公園」には、重さ1.9トンもの石の玉が浮き上がって回転する、世界でも珍しい不思議なモニュメント「浮石」があります。
この浮石は、パスカルの原理を応用したもので、浮き上がって回転する石球(重さ1.9トン/直径1,111ミリメートル)と石円盤(重さ1.1トン/直径1,510ミリメートル)とを組み合わせ、水を使って浮いています。
石はブラジル原産の青色系の御影石で、同種の石の球体としては世界最大級のものといわれていますが、小さな子どもの力でも、簡単に回転の方向を変えることができる不思議な石球です。また、回転するきれいな青色の御影石は、まるで自転する地球のようにも見えます。
公園は、幼児などが遊べる広場や散策路もあり、休日には親子連れでにぎわいます。
この不思議な浮石の謎を解きに、「かがの公園」に足を運んで実際に触れてみてはいかがでしょうか。

施設案内

所在地 登米市中田町石森字加賀野一丁目65番地
問い合わせ

建設部住宅都市整備課

0220-34-2446

かがの公園

ページの先頭へ戻る