本文へジャンプします。

  • foreign language
  • モバイルとめ
  • サイトマップ
文字サイズ
拡大
標準
縮小

  • トップページ
  • 市の紹介
  • 市のデータ
  • くらしのガイド
  • 観光・物産情報
  • 行政情報
トップ > ふるさとライブラリー > ふるさと訪ねある記 > 【石越町エリア】滝神社と不動明王

ここから本文です。

【石越町エリア】滝神社と不動明王

石越町大根沢に滝神社が鎮座しています。本尊は不動明王で、遠澤の仏師(仏像を刻む職人)、二階堂正七(しょうしち)(規慶(きけい))の作と伝えられ、市指定の文化財になっています。不動明王は不動尊やお不動様とも呼ばれ、観音様と並んで各地で信仰の厚い仏様です。また、不動明王は悪魔や煩悩を降伏させるため、怒りの形相で現れた仏様といわれ、大きな炎を背負った姿をしています。この炎で煩悩や障害を焼き払い、悪魔を降伏させて行者を守り、悟りを成就させる功徳を表しているとされています。
この社の近くに小滝があることから滝不動とも呼ばれ、現在もなお、清水が絶えることなく湧き出ています。
安置されている不動明王は高さ2.2メートルの木坐像で、明治20年ころに火災に遭って堂宇(どうう)と台座を焼失しましたが、村人たちに救い出されました。
現在でも、杉木立に囲まれた境内に大イチョウが2本そびえるこの社と静かに鎮座する不動明王は、地域の人々の心のより所であり、多くの人たちが訪れる憩いの場所ともなっています。

施設案内

所在地 登米市石越町東郷字大根沢59番地1
問い合わせ

石越公民館

0228-34-2036

ページの先頭へ戻る