本文へジャンプします。

  • foreign language
  • モバイルとめ
  • サイトマップ
文字サイズ
拡大
標準
縮小

  • トップページ
  • 市の紹介
  • 市のデータ
  • くらしのガイド
  • 観光・物産情報
  • 行政情報
トップ > 芭蕉祭俳句大会

ここから本文です。

更新日:平成28年7月1日

 

第65回登米芭蕉祭俳句大会が開催されました

第65回登米芭蕉祭俳句大会(とよま俳句会ほか主催)が平成28年6月26日(日曜日)、登米公民館を会場に開催されました。

大会は、事前に投句する「兼題」の部と当日会場にて投句を行う「席題」の部に分かれて行われ、「兼題」には市内の小・中・高校生3,531名から3,531句の投句があり、一般の方からも381句の投句がありました。また、「席題」には34人68句の投句がありました。

表彰式では、初めに選者である佐治英子さん、鈴木八洲彦さん、藤野尚之さんを紹介。その後、兼題の部の表彰と登米芭蕉祭俳句大会長が選んだ学生の部の表彰、最後に当日発表された席題「白靴」「熱帯魚」「海開き」の表彰があり、それぞれ賞状と副賞が贈られました。審査結果は以下のとおりです。

兼題の部

佐治英子先生選(特選三句)

 

特選一席 校庭の空を余さず夏つばめ 登米市 高橋水桜
特選二席 雨傘の水玉模様夏来たる 登米市 虎川牧子
特選三席 鯉のぼり掲げて峡の一軒家 登米市 山内雅子

 

鈴木八洲彦先生選(特選三句)

 

特選一席 竹皮を脱ぎし名残のしじまかな 登米市 片平澄子
特選二席 空水のごと水空のごとく夏 登米市 高橋水桜
特選三席 能面の夜叉に青葉の照り返し 仙台市 畑中次郎

 

藤野尚之先生選(特選三句)

 

特選一席 夏めくや艇庫の扉開け放つ 仙台市 畑中次郎
特選二席 鍬をもつ手休め黙祷春の山 登米市 高橋水桜
特選三席 開帳の行基菩薩へ燭ほのか 登米市 及川奈奈夫

 

菊地瓦全賞(学生の部特選四句)

 

はるのかぜおそらでひゅうひゅうあそんでる 石越小学校1年 三浦彩花
家族とのきずなをつなぐこいのぼり 石森小学校6年 千葉涼香
朝日浴び草の芽萌ゆる通学路

東和中学校3年

菊地大翔
妣と見た向日葵畑笑顔咲く 登米高校3年 佐々木紗雪

 

席題の部

佐治英子先生選(特選三句)

 

 

特選一席 白靴の薬の匂ひ夜勤明け 涌谷町 鈴木喜久郎
特選二席 夜は夜の色を秘めたり熱帯魚 美里町 佐藤みね
特選三席 津波禍の村の一念海開き 大崎市 門間としゑ

 

鈴木八洲彦先生選(特選三句)

 

 

特選一席 夜は夜の色を秘めたり熱帯魚 美里町 佐藤みね
特選二席 鳴き砂を鳴かせる幼白い靴 大崎市 京極久也
特選三席 白靴の乗りたる艀発ちにけり 大崎市 鈴木勝也

 

藤野尚之先生選(特選三句)

 

 

特選一席 津波禍の村の一念海開き 大崎市 門間としゑ
特選二席 まだ硬き水に入りし海開き 美里町 佐藤みね
特選三席 シャンゼリゼ父母と跳みし白い靴 東京都 舩坂朗子

 

当日の様子

 

haiku1

開会式の様子

haiku2

学生の部の表彰

 

haiku3

一般の部の表彰

 

このページ内容に関するお問い合わせ先

登米総合支所市民課 

住所:〒987-0792 登米市登米町寺池目子待井381番地1

電話:0220-52-2111

ファックス:0220-52-2118

メールアドレス:toyoma-simin@city.tome.miyagi.jp

ページの先頭へ戻る