本文へジャンプします。

  • foreign language
  • モバイルとめ
  • サイトマップ
文字サイズ
拡大
標準
縮小

  • トップページ
  • 市の紹介
  • 市のデータ
  • くらしのガイド
  • 観光・物産情報
  • 行政情報
トップ > ホットニュース一覧 > 第18回青少年健全育成南方のつどい

ここから本文です。

更新日:2012年12月3日

「夢は果てしなく永遠に」青少年健全育成南方のつどい

青少年は地域の宝であり、青少年の健全な育成は市民の大きな願いであります。その青少年が明るい希望に向かって健やかに、心身ともにたくましく成長することを願い、11月24日(土曜日)、南方農村環境改善センターを会場に第18回青少年健全育成南方のつどい(主催青少年のための登米市民会議南方支部)が開催されました。

第1部では、「少年の主張登米大会」に南方中学校を代表して出場した亀井由花さん(2年生)と田代さくらさん(3年生)が発表を行ないました。

第2部では、1泊2日の野外活動を通して南方町内3小学校6年生の交流を図り、自主性や協調性を養ってもらおうと南方教育事務所と南方町子ども会育成協議会が開催している大嶽山キャンプ村での体験を東郷小学校6年生の菅原彩未さんが発表しました。

第3部では、体操競技オリンピックメダリストの池谷幸雄さんを講師に招き、「夢は果てしなく永遠に」と題し講演をして頂きました。体操競技のルールやオリンピックでの裏話、池谷さんがオリンピックを目指したきっかけやどうしたらオリンピックに出れるか考えながら毎日4~6時間練習したことなどを話して頂きました。

池谷さんの演台の上での倒立パフォーマンスに驚きの声が上がり、緊張の面持ちで本物の銀、銅メダルを触らせてもらい、自分の首に下げて記念写真を撮るなど、子どもから大人まで楽しい講演会になりました。

 

池谷幸雄さん

池谷幸雄さんによる講演

池谷幸雄さんの倒立

倒立のパフォーマンスに驚きの声

亀井由花さん

「今のわたしと15年後のわたし」発表者亀井由花さん

田代さくらさん

「そこから感じたもの」発表者田代さくらさん

菅原彩未さん

「大嶽山キャンプ村の思い出」菅原彩未さん

気分はメダリスト

目指せ!未来のメダリスト!!

このページ内容に関するお問い合わせ先

南方総合支所市民課 

住所:〒987-0446 登米市南方町新高石浦130番地

電話:0220-58-2112

ファックス:0220-58-2375

メールアドレス:minami-simin@city.tome.miyagi.jp

ページの先頭へ戻る