本文へジャンプします。

  • foreign language
  • モバイルとめ
  • サイトマップ
文字サイズ
拡大
標準
縮小

  • トップページ
  • 市の紹介
  • 市のデータ
  • くらしのガイド
  • 観光・物産情報
  • 行政情報
トップ > ホットニュース一覧 > 南方で災害ボランティア研修会を開催

ここから本文です。

更新日:2012年9月18日

南方で災害ボランティア研修会を開催

東日本大震災から1年半が過ぎた平成24年9月13日(木曜日)、災害発生時に自主防災組織の中心的役割を担う行政区長や民生委員を対象とした災害ボランティア研修会並びに災害訓練(主催登米市社会福祉協議会南方支所)が、南方公民館を会場に開催されました。社会福祉法人栗原市社会福祉協議会若柳・金成支所の佐藤一繁さんを講師に招き、岩手・宮城内陸地震と東日本大震災で自身も被災しながら地域住民の支援活動に携わった経験をもとに「災害時における地域リーダーとしての役割」と題した講演が行われました。その後、参加者は4つのグループに分かれ、講師が用意したマップをもとに「バーチャルマップ体験」を行ない、災害発生時の住民の安否確認や避難経路の決定、避難所の開設など、今後の災害マップづくりに役立てようと熱心な議論が行なわれていました。また、昼食では婦人防火クラブが用意した非常食を試食するなど、災害時の地域リーダーの役割について学んだ1日となりました。

 

講師による講演

地域リーダーの役割についての基調講演

非常食

昼食は非常食を試食しました

非常食の試食

非常食の味は?

バーチャルマップ体験その1

災害発生!地域住民の安否は?

バーチャルマップ体験その2

避難所までの避難経路は?

バーチャルマップ体験その3

バーチャルマップ体験で地域リーダーの役割を体験しました

このページ内容に関するお問い合わせ先

南方総合支所市民課 

住所:〒987-0446 登米市南方町新高石浦130番地

電話:0220-58-2112

ファックス:0220-58-2375

メールアドレス:minami-simin@city.tome.miyagi.jp

ページの先頭へ戻る