本文へジャンプします。

  • foreign language
  • モバイルとめ
  • サイトマップ
文字サイズ
拡大
標準
縮小

  • トップページ
  • 市の紹介
  • 市のデータ
  • くらしのガイド
  • 観光・物産情報
  • 行政情報
トップ > ホットニュース一覧 > 文化財防火デーに伴い横山不動尊で消防訓練

ここから本文です。

更新日:2013年2月13日

文化財防火デーに伴い横山不動尊で消防訓練を実施

1月26日の「文化財防火デー」にともない、平成25年1月27日に登米市津山町の横山不動尊(国指定重要文化財不動明王坐像安置)で消防訓練が行われました。
訓練は、社務所から出火し、隣接する建造物へ延焼の恐れがあるとの想定で行われ、消防職員や関係者など、およそ200人が参加。水バケツリレーによる初期消火訓練や参拝客の避難誘導訓練が行われたほか、消防団による放水訓練も行われました。

 

「文化財防火デー」とは、昭和24年1月26日に、法隆寺金堂から出火した火災によって、世界的な至宝と言われた金堂の壁十二面に描かれた仏画の大半が焼損しました。

このような被害から文化財を守るとともに、国民一般の文化財愛護に関する意識の高揚を図るため、昭和30年から1月26日を「文化財防火デー」と定めて、文化財建造物等における防火運動を全国で展開しています。

 

 バケツリレーの様子1.

バケツリレーの様子2.

水バケツリレーによる初期消火訓練の様子

避難誘導訓練

放水訓練

参拝客の避難誘導訓練の様子

消防団による放水訓練の様子

このページ内容に関するお問い合わせ先

消防署庶務係 

住所:登米市迫町森字平柳25番地

電話:0220-22-2119

ファックス:0220-22-4699

メールアドレス:syobosyo@city.tome.miyagi.jp

ページの先頭へ戻る