本文へジャンプします。

  • foreign language
  • モバイルとめ
  • サイトマップ
文字サイズ
拡大
標準
縮小

  • トップページ
  • 市の紹介
  • 市のデータ
  • くらしのガイド
  • 観光・物産情報
  • 行政情報
トップ > 登米市議会 > 登米市議会の概要

ここから本文です。

更新日:2017年7月7日

登米市議会の概要

議員定数

現数

26人

(条例定数26人)

任期:平成29年4月29日から平成33年4月28日まで

議員の構成(党派別・年齢別議員数)

平成29年5月1日現在

党派別

無所属

共産党

自民党

公明党

社民党

議員数

21(女性2)

2(女性1)

1

1

1

 

年齢別 30~39 40~49 50~59 60~69 70~79 80以上 平均 最年長 最年少
1 2 8 12 0 0 59.1歳 69歳 33歳
0 0 0 2 1 0 70.0歳 78歳 65歳
1 2 8 14 1 0

60.4歳

78歳 33歳

会派の構成

会派の名称

設立

年月日

所属
議員数

所属議員名

大地の会

平成29年

5月1日

7人

代表 沼倉利光    
経理責任者 佐々木幸一    
  中澤宏 佐藤千賀子 武田節夫
  熊谷憲雄 及川長太郎  
新・立志の会

平成29年

5月1日

6人

代表 岩淵正宏    
経理責任者 關孝    
  上野晃 佐々木好博 日下俊
  八木しみ子    
登米・みらい21

平成29年

5月1日

3人

代表 田口政信    
経理責任者 伊藤吉浩    
  及川昌憲    
太陽の会

平成29年

5月1日

2人

代表 氏家英人    
経理責任者 曽根充敏    
日本共産党市議団

平成29年

5月1日

2人

代表 佐藤恵喜    
経理責任者 工藤淳子    

議長・副議長

議長

及川昌憲
副議長 伊藤栄
  (平成29年5月15日就任)

報酬・費用弁償

〔報酬(単位:円)〕

議長 副議長 議員 市長 副市長 教育長
491,000 425,000 398,000 911,000 734,000 604,000

期末手当年間支給割合3.25月分(平成28年4月から)

 

〔費用弁償〕

宿泊料・日当

宿泊料13,000円相当、日当2,000円

費用弁償

在勤地(市内1,000円支給※平成22年4月1日から改正)以外は職員の旅費による

委員会

常任委員会

委員会名 定数 所管事項
総務企画常任委員会 9人

ア.総務部の所管に関する事項
イ.企画部の所管に関する事項

ウ.水道事業所の所管に関する事項
エ.他の委員会の所管に属しない事項

教育民生常任委員会 9人

ア.教育委員会事務局の所管に関する事項
イ.市民生活部の所管に関する事項
ウ.医療局の所管に関する事項

産業建設常任委員会 8人

ア.産業経済部の所管に関する事項
イ.建設部の所管に関する事項

ウ.農業委員会の所管に関する事項

任期は2年とする。(登米市議会委員会条例第3条)。

議会運営委員会

定数
8人
任期
2年

委員は、3人以上の会派から選出する(2人会派は連合で可)。会派に所属しない議員が3人以上の場合は1人を配分し、残りの7人を3人以上の会派で案分する。

登米市議会会議規則第119条第1項により、副議長に毎回出席を求めている。

特別委員会

常任委員会と異なり、特定の問題を審査・調査するために必要に応じて設置される委員会で、性格上その問題の続く間だけ存続するもの。

〔予算審査及び決算審査特別委員会〕

一般会計及び特別会計の当初予算及び決算を審査するため、申し合わせにおいて、特別委員会を設置することとしており、議長を除く全員(決算委は議選の監査委員も除く)で構成し、審査方法は分科会を設けず全員による審議とし、会派ごとに質疑時間を設定し行っている。

〔福島第一原発事故放射能汚染対策特別委員会〕

福島第一原発事故による汚染廃棄物(汚染稲わら、牧草、ほだ木)に関する対策について調査を行うことを目的に、調査が終了するまでの期間設置している。

委員8人(総務企画常任委員会より2人、教育民生常任委員会及び産業建設常任委員会より各3人)で構成している。

その他会議

議案の審査または議会運営について協議または調整を行う。

〔全員協議会〕

市政に関する重要な事件または議会の運営について行う。

〔会派代表者会議〕

会派間の意見調整や議会運営上必要と認める事項について行う。

〔正副委員長会議〕

各常任委員会の意見調整や議会運営上必要と認める事項について行う。

〔広報広聴委員会〕

市民との意見交換会、議会報の編集などについて行う。

〔政策企画調整会議〕

議会に対する意見、政策提言などに対する議会対応方針について行う。

〔議会改革推進会議〕

議会のあり方や当面の諸課題について行う。

本会議の運営

招集議会・定期議会・特別議会

登米市議会では、平成27年1月から通年議会を導入し、会期を1月から12月までとしました。

招集議会は、定例会を開会するために、市長が招集して開催される会議です。

定期議会は、年4回(2月、6月、9月、12月)定期的に開催される会議です。

特別議会は、市長または議員定数の4分の1以上の議員からの要請に基づき、特別に開かれる会議です。

本会議は、予算や条例などの議案を審査、決定する大切な会議です。ここでは、市長から議案の提案理由が説明され、これに対して議員が質疑や討論などを行い審議したものについて、その可否を決定します。議員が市政について質問する一般質問は、定期議会で行われます。

 

≪一般的な定期議会の流れ≫    

   
一般質問通告締切    

   
議会運営委員会  

◇定期議会の運営に関する事項の決定(日程など)

◇議案配布(原則として本会議の5日前)

   
定期議会 本会議

◇開会(全議員の2分の1以上の出席が必要)

◇議案審議(提案説明、議案質疑)

◇一般質問

 

 
  常任委員会・特別委員会 (2月…予算審査特別委員会、9月…決算審査特別委員会)
 

 
  本会議 ◇委員会報告

提案説明

市長が提案理由を説明し、その後、担当する部長より議案内容の説明を行っている。

議案質疑

質疑は、提出された案件に対し行うものとしている。また、予算・決算に対する総括質疑を行っている。

回数制限 発言回数は同一議題について3回までとしている

一般質問

当該団体の事務について、長の所信を明らかにすることを求め、疑義を質すことに用いられる。

時間制限

時間制(質問・答弁含み50分)とし、回数にはこだわらない

発言通告 議長の定める日まで通告し、締め切り後、件名をホームページに掲載し、傍聴者には印刷し配布している
発言順序 通告順

代表質問

平成19年第1回定例会から行われた。

  1. 代表質問は、会派の承認を得て行う。
  2. 代表質問の時期は、2月定期議会施政方針と、所信表明を行う定期議会の際に行う。
  3. 代表質問を行った者は、一般質問はできない。
  4. 答弁を含め50分以内とし、回数制限はない。
  5. 通告期限は一般質問と同日とする。
  6. 発言順序は所属議員数の多い会派順で、同数の場合は通告順に行う。

請願・陳情

  1. 陳情書の扱いについては、議会運営委員会に諮り常任委員会に付託するもの、配布のみとするもの等の協議を行い、その写しはすべて全議員に配布している。
  2. 正副議長・所管正副委員長は、請願については紹介議員とならないことを申し合わせている。(平成27年中に議会に提出された請願は1件、陳情書は14件)

行政視察費

常任委員1人当たり12万円

政務活動費

平成13年度から地方自治法の改正により地方議会の活性化、議員の政策立案能力の向上を図るため政務調査費として法制化され、本市においても政務調査費の交付に関する条例制定に向け取り組み、議会運営委員会において条例等の内容を検討し議会の意向をまとめた。これを受けて平成17年9月定例会において市長提案として上程され議決し、同年10月から実施している。また、地方自治法の一部改正に伴い平成25年4月から政務活動費に名称を改めている。

交付の方法は、年度当初に、1人当たり月額25,000円(会派にあっては所属議員の数を乗じた金額)の12月数分を一括して交付することとしている。

会議録

議会本会議の会議録は業者委託により調製し、ホームページで検索・閲覧ができます。

議会だより

編集 広報広聴委員会(各常任委員会から3人互選された委員9人)
任期 2年(後任者が選任されるまでは在任する)
発行回数 定期議会ごとに年4回。ただし、臨時号を発行することができる。
部数 27,800部 24ページを基本に編集

議会事務局

職員数7人(事務局長・事務局次長・係長・主査)
議事・調査係の1係となっている

議会施設

登米市迫庁舎

3階部分(昭和50年1月開庁)

保有室

議場・傍聴席・正副議長室・議員控室・議会図書室・委員会室(4部屋)・議会事務局

傍聴席

50席

議会放映

インターネット配信(生中継・録画中継)

議会費

(平成29年度一般会計当初予算総額46,661,336千円)

平成29年度当初予算額 平成28年度当初予算額
金額(千円) 説明 金額(千円)

1.報酬

125,230

001議員報酬費212,333千円
・議員報酬、期末手当等人件費
・議員共済費

120,840

2.給料

25,207 22,621

3.職員手当等

54,667 50,051

4.共済費

56,221

002議会活動費32,395千円
・議会、委員会活動経費
・議長、議員、職員の旅費
・議長交際費
・議会だより発行経費
・会議録調整、会議録検索システムの委託料
・宮城県市議会議長会負担金

・議会タブレット端末維持経費他

56,518

8.報償費

98 98

9.旅費

9,395 10,987

10.交際費

582 600

11.需用費

6,480 5,990

12.役務費

2,700 2,691

13.委託料

4,484 4,733

14.使用料及び賃借料

120

299

18.備品購入費

0

003職員給与費48,992千円
・職員の給料、諸手当等の人件費

219

19.負担金、補助及び交付金

8,521 8,212

27.公課費

15 0

293,720 (構成比0.6%) 283,859

このページ内容に関するお問い合わせ先

議会事務局 

住所:〒 987-0511 登米市迫町佐沼字中江二丁目6番地1

電話:0220-22-1913

ファックス:0220-22-9225

メールアドレス:gikaijimu@city.tome.miyagi.jp

ページの先頭へ戻る